アイキャッチ画像は必要?アイキャッチ画像の効果と簡単な作り方 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.6.10

アイキャッチ画像は必要?アイキャッチ画像の効果と簡単な作り方

「ブログや記事を投稿するときにアイキャッチって作らないといけないの?」

「どうやって用意したらいいかわからない」

投稿を始めたものの、アイキャッチの画像に対してこのような疑問や不安を抱く方も多いかもしれません。

アイキャッチが本当に必要なのか知りたい方のために、今回はアイキャッチの効果と作り方をご紹介します。

アイキャッチとは

そもそもウェブサイトにおけるアイキャッチとは、ブログや記事に設定する画像のことです。

タイトルやキャッチコピーを写真やイラストを活用して配置した画像が一般的でしょう。

本で例えるならば、表紙に当たります。

記事やブログを開く前にまずユーザーの目にうつる、玄関の役目を担っていると言えます。

必要なの?

アイキャッチは記事やブログを読む前に一番早く読者にイメージを与える要素です。

クリックしてもらわないと読まれない以上、アクセスを増やすためには開きたいと思わせることが必要です。

アイキャッチがない記事は興味を引くための武器がタイトルしかないことになります。

少しでも多くの人に開いてもらうために、アイキャッチは非常に大きな役割を果たすと言えるでしょう。

いくらいい記事を書いたとしても、読んでもらうためには最初の段階で目を引かないとアクセスは集まりませんよね。

SNS等で拡散されるときにもインパクトを残すためには大きく表示される画像が有効です。文字だけの投稿はそもそも目にも止まらず流れて行ってしまう確率が高くなるからです。

作り方

自分の書いたものを最大限多くの人に読んでもらうために有効なアイキャッチですが、作ったことのない方によっては作り方がわからず、気がひけるかもしれません。

そこで、簡単に作るにはどうしたらいいのか解説します。

慣れてくればそんなに大きな負担になることなく、案外手軽に作成できますよ。

ツール

画像を作成するツールにも、無料で使いやすいものがあります。

Photoshopやillustoratorなどのツールはプロも使うもので、こだわったものを作るには向いていますが有料で使い方も多様なので、まずは手軽なものから初めてみることをおすすめします。

初心者にまずおすすめなツールは「Canva」という画像加工サービスです。

アイキャッチを作ったことがない方でも使いやすく、多くの人に選ばれています。

アイキャッチの作成に特化していてサイズやテンプレートの選択もわかりやすく、素材の提供も豊富です。

登録すれば無料で利用可能なので、ぜひ最初のアイキャッチ作りに活用してみてください。

コツ

簡単に目を引くアイキャッチを作るにはいくつかテクニックがあります。

手軽に試せるので、意識して一枚制作してみはいかがでしょうか。

綺麗な写真を選ぶ

画質の良い綺麗な写真を使うだけで簡単にぱっと見の印象をおしゃれにできます。

インパクトがあってそれだけで目を引くような写真を選ぶだけで、洗練された雰囲気を演出できます。

Upslashといった画質の良い写真が豊富なフリーサイトを利用して、ブログを象徴する写真を探してみましょう。

シンプルにする

たくさん盛り込もうとするのではなく、写真も文字もシンプルに仕上げるのがコツです。

まとめ

今回はアイキャッチの効果と作り方をご紹介しました。

作ったことがないからといって放置せずに、アイキャッチ作成にチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。