文字数別「◯分で読めます」を解説! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.7.19

文字数別「◯分で読めます」を解説!ブログは何文字が適正?

「◯分で読めます」という誘い文句をよく耳にしませんか?サイトや本のタイトルによく使われていますが、この文句が使われているのには理由があるのです。今回は文字の数とそれに対応する時間について考えていきたいと思います。

【3分?5分?どちらが読みやすい記事なのか】

あなた自身が記事を読む際3分でどのくらいの文字量を読むことができますか?個人差はありますが平均的に1分であれば400字前後の文字数が読むことのできる数なのではないでしょうか。ですので単純に掛け算をすれば3分であれば1200、5分の場合だと2000程度ではないでしょうか。しかし、これは文章の種類によっても異なりますし句読点の多さで多少なりとも文字数の変化があります。加えて読むスピード自体個人差が大きい点ですのであくまでも平均の数値として捉えてください。
また継続して記事等を閲覧する際スマホなどの画面を5分間見続けることは意外に少ないのではないのでしょうか。カップラーメンの待ち時間に設定されていることの多い3分間がちょうどいい隙間時間といわれています。それ以上の時間になってしますと人の集中力はなかなか継続しません。そもそもそこまで真剣に記事を読む方も少ないと思われますので5分以上かかってしまう文字数はオススメしないのです。伝えたいことがあっても記事の後半を閲覧する前にサイトを離れられると結論も伝えられません。ですから基本的には3分程度で読める記事内容がオススメといえます。
しかし、読者の要望も様々です。例えば旅行関係の記事なんかだと旅館の金額や電話番号を確認したいだけであったりする場合もあるのですが、病気の症状について記事を閲覧する際なんかはより細かく詳しい情報を欲していることがしばしばです。よって記事の内容によっては多少文字数による閲覧時間が伸びてしまっても仕方がないのではないでしょうか。○分で読めますといった謳い文句は基本的には3分が基本で状況に応じて文字数などから時間を計算して作成しましょう。

【1200字とそれ以上の文字数はどう変わってくるのか】

結論からいうと3分程度の時間で読むことのできる1200文字が適当な文字量だといわれます。しかし問題は文字の量というより句読点や段落の使用具合によっては少量の文でも読みづらく感じるということです。3分は1200の文字数程度であることは述べましたが、例えば難しい言葉ばかりを隙間なく並べた文は読むのに時間を費やしそもそも読む気すらなくしてしまいがちです。
大切なのはブログ作成時は文字数だけで考えるのではなくその読みやすさを考慮した文章作成が大切であるということです。文字の大きさや色使い、段落の使用で読みやすい文章を目指しましょう。

【結果、1200文字が適正である】

◯分で読めるという記事をよく目にすると思いますがこれは「3分であれば読んでみようかな」という読者の興味を引くための文句であり必ずしも3分や5分程度で読める記事を書く必要はありません。1時間で読めますというような文句の記事はあまりみたことながないですよね。というのも読者はそのサイトがどんくらいの時間で読めるかを知りたいのではなく、簡単に読むことができてわかりやすい記事を求めている方が多いため現状として3分程度の時間を示唆したサイトが多いのです。
また、人の集中力の継続時間も関係しています。集中力は最高で15分程度であるとよく耳にしませんか?読者はあなたのサイト以外にも色々なサイトを閲覧しています。検索開始からいくつかのサイトを訪れた閲覧者の方の残りの集中力なんてほんの少ししか残っていません。これらの点から3分程度の1200字近辺が文字数として適切であるといわれているのです。

記事内容によっても変容しますが基本的には読者の興味を引きやすく読みやすい記事というのは1200字程度であることがしばしばです。また文字のみの1200字と画像挿入等のあるサイトでは速読スピードや訪問時間に差がでるため字数のみを目安にサイト作成をするのではなく、何度もご自身で読んだ際の時間を目安に作成すればより読者を引きつけるサイト作りができることでしょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。