編集者のスキルを伝授!今すぐ使える言い回し変換tipsを紹介! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.16

編集者のスキルを伝授!今すぐ使える言い回し変換tipsを紹介!

「ブログの記事を書く際に、同じような表現を連続で使ってしまうな・・・」

「ライティングで別の言い回しに変換する方法について知りたいな・・・」

日頃からブログや記事を書いている方の中には、同じような表現が続いてしまって、文章がだらしなくなってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

文章をスッキリさせ、リズム感を生み出すには、同じ意味の表現でも、言い回しを変換しなければなりません。

そこで今回は、今すぐ使える言い回しの変換方法についてご紹介します。

4つの言い回し変換方法

ネガティブをポジティブ表現に

最初に紹介する言い回しの変換方法は、ネガティブをポジティブに変換する方法です。

1つの言葉でも、ポジティブとネガティブの両方から見られます。

否定的な意味を持たせたい場合は、ネガティブな表現に、肯定的な意味を持たせたい場合は、ポジティブな表現にしましょう。

例えば、就活における自己PRでも、「私はよく一貫性がないと言われます」というよりも「周りの状況に合わせて柔軟に対応できると言われます」と言ったほうが好印象ですよね。

他にも、「ありきたりの」を「定番の」に、「頑固」を「意志が固い」に変換できます。

以上のように、同じ内容でも言葉の使い方ひとつで印象が大きく変わるので、ネガティブをポジティブ表現に変換するのは非常に重要です。

この言い回しの返還方法は、記事だけでなく、自分の生き方にも関わってきますね。

同じ表現でもカタカナ、漢字などを使って表現する

1つのテーマに絞ってブログや記事を書く際に、特に形容詞を使って表現する場合に、同じ形容詞ばかりを使ってしまうことってありますよね。

そういった場合には、「連想類語辞典」を使って、同じ意味を表す他の表現を探してみましょう。

例えば、「この商品は素晴らしい」と表現したい際に、「この商品は文句なし」、「この商品は欠点がない」などに変換できます。

毎回、「素晴らしい」を使っているとしつこくなってしまうので、文章としてリズム感を生み出したい際には、この「連想類語辞典」を使ってみてはいかがでしょうか。

比喩表現の変換

物語や小説風の文章を書く際には、比喩表現を多用することも良いですよね。

その場合には、「日本語表現インフォ」を使って近い意味を表す他の比喩表現を使ってみましょう。

例えば、「安心する」の比喩表現を調べてみると、「頭の霧が晴れる」、「花弁のように体が軽い」、「しびれるほどの安堵感ひ浸る」など大量の比喩表現が出てきます。

1つの文章で、表現自体が特殊な比喩表現を、言い回しを変えずに何度も使うのはリズムが崩れるので、そのテーマに適切な比喩表現を複数組み合わせられたら良いですね。

シチュエーションによって変える

ビジネスに関連する記事や、自社ブログを書く際には、そのシチュエーションにあった言い回しに変換したほうが良いでしょう。

例えば、「リスケ」を「スケジュールの組みなおし」に、「CS」を「顧客満足」に変換できます。

特にビジネスで使われるカタカナや英語は、記事を見る人にとって難しく感じる場合も多いので、常にコンテンツを見るユーザー視点で言い回しを変換していくことが重要です。

まとめ

今回は、今すぐ使える言い回しの変換方法についてご紹介しました。

ネガティブからポジティブ表現に変換する方法、類語でリズム感を生み出す方法、比喩表現の変換、シチュエーションに適した変換の4つの方法をご紹介しましたが、他にも言い回しの変換方法は存在するので、その都度調べていくと良いですね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。