WordPress初心者の方向け!読みやすい記事にするための装飾・編集のコツ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.6.21

WordPress初心者の方向け!読みやすい記事にするための装飾・編集のコツ

「Wordpressを使って記事投稿を始めたばかりだけど、どうやって読みやすくしていいのかわからない」

「装飾や編集のやり方が知りたい」

WordPressの初心者でこのような悩みにぶつかっている方はいらっしゃいませんか?

操作に慣れてきたはいいものの、どうすれば読者にとって読みやすい記事になるのかを理解していないとどう工夫していいかわからないですよね。

今回は初心者でもできる、wordpressで記事を読みやすくするこのできる装飾や編集のコツについてご紹介します。

readと書かれた旗

改行

記事を俯瞰した時に一番読みやすさを感じさせるのは整理された文章のまとまりです。

装飾に凝るための技術を学ぶよりももっときっちり改行して、詰まっている印象のない文章に見えるように心がけてみてください。

大見出しごとに2行、小見出しごとに1行というように記事全体でルールを設けて整理しておけば、読む時に読みにくさを感じさせることを防ぐのに大変効果的です。

文字の大きさ

実際のページを見た時に文字の大きさが大きすぎたり小さすぎたりしませんか?

大きすぎると開いた瞬間に読むことを億劫に感じるかもしれませんし、小さいと量が多く見えて読むのが大変だという印象を与えてしまうかもしれません。

自分で実際のページを閲覧してみて、客観的に想像してみてください。

ここで大切なのは、PCの表示とスマホの表示とどちらも確認するのを忘れないようにすることです。

自分が執筆している媒体のみの確認になりがちですが、どちらから見ても読みやすいものにしておくことが大変重要です。

強調

単調な文章は読む側にわかりにくさや飽きを感じさせます。

それを防ぐためには強調する部分を適度に入れて、メリハリをつけることが効果的でしょう。

強調する手段は大きく分けて二つ簡単に行えるものがあります。

文字を大きくする

当たり前のようですが、大きくすれば目に入りやすくなり、目立つ部分を簡単に作ることができます。

WordPressでは見出し設定が記事編集画面の左上のボックスを開けば簡単に行えます。

この時、見出し3〜6を使うことがおすすめです。

見出し1と2はタイトルとサブタイトルに自動的に使われていることが多いためです。

階層が増えて適切な状態になっていれば、SEO対策にもなります。

色を変える

コツとしてはむやみに色を変えるではなく、見出し、非常に大切な部分、少し注目して欲しい部分、といった階層をしっかり構築しておくことです。

それぞれの要素はこの色にする、とルールを決めて、全体として統一感のある記事になるように注意してみてください。

画像を使う

複雑な装飾を作成しなくても、文章の間に写真が挿入されているだけで文章ばかりの単調なイメージを払拭し、充実した印象を与えることができます。

伝えたいことを想像させる手段にも効果的です。

記事作成の文章

まとめ

今回はwordpressで簡単に記事を読みやすくするために知っておくべきコツをご紹介しました。

どういう記事が読む側にとって読みやすいものになるのかのポイントをしっかり把握しておけば、自分でぐるぐると考えなくても効率的にチェックができるので、ぜひ一度注意する点を整理して見てはいかがでしょうか。

今回の記事がその際の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。