一番時間がかかってしまう…記事の書き出しにおすすめテンプレ3種 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.27

一番時間がかかってしまう…記事の書き出しにおすすめテンプレ3種

「いつも記事の書き出しに、一番時間がかかってしまうな・・・・」

「記事の書き出しをスムーズに完成させたいけど、書き方が分からないな・・・」

早く記事を書き終わりたいけど、記事の書き出しから時間がかかってしまうことってよくありますよね。

実は、記事の書き出しには一定の書き方とテンプレが存在することをご存じでしたか。

記事の書き出しは、非常に重要な役割を担っていますが、書き方とテンプレを知っているだけで、書くのにかかる時間を大幅に短縮できます。

そこで今回は、記事の書き出しの基本とテンプレ3種についてご紹介します。

書き出しの基本について

基本的に記事は、書き出し・本文・まとめの3つの部分で構成されています。

読者は記事の書き出しを見て、1~2秒でその記事を読むか読まないかを決めているので、本文への導入として、記事の書き出し非常に重要です。

記事が読者の悩みを解決し、有益であることを端的に示さなければなりません。

ユーザーのニーズを最優先に、無駄な部分をそぎ落としていくことが大切ですね。

おすすめ書き出しのテンプレ3種

読者が共感するような書き出し

先程ご紹介したように、読者は書き出しを見て1~2秒で記事を読むか判断します。

書き出しが長いと、読者も飽きてしまい、離脱率も高くなってしまいます。

そのため、書き出しからいきなり本論につながるフレーズとして、読者が共感しそうな文を書いてみるのはいいでしょう。

そうすることで、読者は「この記事が自分の悩みを解決してくれるのではないか」と思い、読み進めてくれます。

この記事も、読者が共感するような書き出しから始まっていますね。

今までの常識を覆すような情報から始める

人は新しい物事を受け入れるのには抵抗感がありますが、そのような情報には非常に興味を持ちます。

興味のある分野で、今までの常識を覆すような情報が与えられたら、きっと気になって本文も読み進めてくれることでしょう。

答えを知りたいと思わせるような質問から始める

書き出しを、読者が求めている情報に関する質問から始めるのもまた1つの手段です。

書き出しでその質問に対する答えを示し、本文で詳しく説明していくのも良いでしょう。

一方で、読者の興味を引っ張りつづけ、本文の最後で答えを示すこともできます。

他にも、挨拶や自己紹介を記事に組み込むことでブランディングを図ったり、難しい用語を扱う場合は、簡単な用語説明も必要になります。

まとめ

今回は、記事の書き出しの基本とテンプレ3種についてご紹介しました。

テンプレはそれぞれ1つずつ使うこともありますが、それぞれを組み合わせて用いることも多いです。

組み合わせて用いる場合には、問題提起で読者の関心を引き、具体例を示すことで読者に共感してもらい、記事を読むメリットや有益性を伝えることで、本文へ誘導していく形になります。

これらの記事の書き方やテンプレを踏まえて、自分なりの書き出しの書き方を生み出していくと、時間も短縮でき効率が上がりますね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。