SNS運用で陥りがち、あるあるな失敗とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.19

SNS運用で陥りがち、あるあるな失敗とは?

近年企業のマーケティング活動としてSNSを活用する会社が増えてきています。

うまく運用すれば大きな効果を期待できるSNSですが、一方でうまくいかないケースも往々にして存在します。

今回はそんなSNS運用で陥りがちな失敗例をご紹介します。

プラットフォームの使い分けができていない

SNS運用と一口に言っても、Facebook、Twitter、Instagramなど様々なプラットフォームがあります。

そのプラットフォームごとに特性があり、その特性に応じた運用の仕方があります。

例えばFacebookは日本の場合ユーザーの年齢層が比較的高いため、若者向けのコンテンツはあまり向きません。

一方でTwitterは年齢層が低く、文字数に制限があるため、長文でしっかりした文章よりは短くキャッチーなコンテンツが向いています。

Instagramは写真や動画など視覚に訴えるデザイン重視のプラットフォームです。

デザインを軽視する、投稿に統一感がない、といったことが原因でブランドイメージの構築に悪影響を及ぼす可能性があります。

投稿コンテンツのネタ切れ

SNS運用において「継続性」が一つの重要なキーワードとなります。

SNSの更新を継続的に一定の頻度で更新する必要がありますが、しばらく更新を続けていけば次第に投稿するネタが尽きてきます。

それが原因で投稿が止まってしまい、情報の鮮度が失われてしまうケースが多く存在します。

そのような失敗を防ぐためにも、週ごとの運用計画を事前に作成するといった対策が求められます。

話題

不適切な投稿

近年SNSでのリテラシーが非常に厳しくなってきています。

SNSに投稿されたコンテンツは瞬時に拡散され、その内容が一部の人にとって不適切な場合炎上にいたる恐れがあります。

ブランディング目的でSNSを運用しているのに、内容によってはかえって悪いイメージがついてしまうというリスクがあることを常に考えておく必要があります。

担当者の負担

SNSを運用するための仕事を担当者に丸投げしてしまうケースです。

こうすることで担当者への仕事量が増える、仕事の負担が大きくなりすぎてしまうなどの可能性があります。

また担当者が抜けた際に対応できない、やり方がわからないという失敗に陥ることがあります。

ローテーションで常に多くの人がSNSの運用に関わっている状態を作るなど、責任を分散することでリスクを減らすことが重要です。

一人の負担

まとめ

以上、SNS運用の失敗についてご紹介しました。

今から新たにSNSでマーケティングを考えておられる場合、効果的な運用ができないとお困りの場合は上記の失敗例を参考に対策をうってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。