SNS運用での使い方分かりますか?インスタグラムについてご紹介します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.12.31

SNS運用での使い方分かりますか?インスタグラムについてご紹介します!

<img  src=”instagram.jpg” alt=”インスタグラム” />

2017年頃から一気にインスタグラムの人気が高まりましたよね。

皆さんの周りの中でも、最近インスタグラムを始めたという方もいるのではないでしょうか?

もうすでに多くの企業が積極的にインスタグラムを使って商品やサービスの魅力を発信しています。

皆さんはインスタグラムを使ったSNS運営をもう行っていますか?

今回は、インスタグラムというSNSの1つのツールを使った運用を行っていない方に向けて、その特徴を話しながら、具体的なやり方を説明していきたいと思います。

<img  src=”like.jpg” alt=”いいね” />

インスタグラムの特徴

インスタグラムの特徴から話していきます。

大きく分けて3つあります。

順番に説明していきたいと思います

まず1つ目にして最大のインスタグラムの特徴といえば何と言っても写真や動画でのコミュニケーションです。

文字で伝えることがメインとなるツイッターやフェイスブックとは大きく異なる点になります。

もちろんインスタグラムでも文字で伝えることはできますが、インスタ映えという言葉があるように、そのビジュアルの良さや、目を引く写真や動画を投稿することを多くの人が期待し、またそのような投稿をしようと試行錯誤しています。

そのため具体的には新商品を投稿するとなった時には撮影をプロに任せるのが一般的です。

また、インスタグラムには統一感もある程度必要となります。

どのような方向性で、このアカウントを動かしていくのかしっかりと決めた上で、統一性をもたせていきましょう。

2つ目は、ターゲット層を意識するということです。

インスタグラムは最近急激に人気になったSNSです。

そのため、利用者も若い人、特に女性が多いです。

さらに、インスタグラムは趣味アカウントというものを複数持っている人も多く、自分の好き嫌いが比較的他のSNS よりも現れます。

そのためある程度ターゲットを絞ってどのような人にこのSNSを見てもらいたいのか、などユーザーのペルソナを決めていくことが成功につながっていきます。

3つ目はハッシュタグです。

インスタグラムでは、文章の中や最後に、その投稿内容にあうキーワードをハッシュタグにし、他の人がインスタグラム内で検索をかけた時に表示されるような仕組みがあります。

最近では、ハッシュタグを投稿文の中に織り交ぜてユニークに投稿されているものや、細かくキーワードを選択してハッシュタグをつけいる人が多いです。

より多くのハッシュタグを使い、詳細内容をハッシュタグにすることでユーザーの目に留まりやすいものとなります。

そのため、ハッシュタグにも工夫するようにしましょう。

まとめ

今回はSNS運用として、インスタグラムの特徴そして実際にどのようにやっていくべきかを説明しました。

少しでもインスタグラムでSNS運用に関心を持っていただけたら、ぜひ実際にやってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。