SNS運用の利用者層の特徴について説明します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.8

SNS運用の利用者層の特徴について説明します!

<img src=”SNS.jpg” alt=”SNS” />

皆さんはSNS運用とは何かご存知でしょうか?

SNS運用とは、簡単に説明すると、SNSを使ってマーケティングを行うということです。

SNSというと、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックが代表的なものですよね。

これらを使って自社の売り出していきたいことをどんどん宣伝していきます。これがSNS運用と呼ばれるものです。

でも、実際にSNS運用で重要になってくるのは、分析です。

ペルソナをしっかりと定めてその人がどのようなSNSに反応するか考えていくことが大事になってきます。

今回はこのSNS運用を実際にどうのように行なっていくべきかをSNSごとの特徴と利用者層に着目して説明していきたいと思います。

利用者層について

まず、はじめに SNSごとの利用者層について考えていきましょう。

今回は、主なSNSとしてツイッター、インスタグラム、フェイスブックの3つのSNSの利用者層の特徴について考えていきます。

はじめにツイッターですが、圧倒的に10代、20代の学生が多いです。

そのため、ツイッターをする時間帯も授業と授業の間、お昼、深夜などに見る頻度が上がります。

また、10代、20代は流行に比較的敏感な人が多いです。

すぐに新しいものを取り込んで吸収していく人が一般的に多いので、10代、20代に共感を呼ぶつぶやきをすることで拡散される可能性が高まります。

次に、インスタグラムです。

インスタグラムは若い20代の女性が多く、また趣味アカウントとして利用している人も多いです。

自分の好みがはっきりと分かれるのがインスタグラムの特徴の1つでもあると思います。

また、最近はストーリーという24時間で投稿が消えるというサービスも始まりました。

情報に限りがあるということは逆にこまめにインスタグラムを開いてみないといけないという焦燥感を与える効果があると言えます。

ビジュアルに凝っている商品であれば、インスタグラムが向いています。

続いて、フェイスブックに移ります。

フェイスブックは、30代から40代の割合が多いです。

そのため、ビジネスの場でも使われるケースも多くあります。

フェイスブックには企業用のアカウントを作り、発信していくこともできます。

Webにも反映されやすく、認知度を上げるためには比較的有効的です。

実名を使う人が多く、信憑性がある点も魅力の1つでしょう。

しかし、更新を怠っていると、離れてしまいますので、その点は注意してSNS運用を行う必要があります。

<img src=”check.jpg” alt=”チェック” />

まとめ

今回は、SNS運用において、SNSの利用者層に注目して、どのように運用していくべきかについて説明しました。

それぞれ自社の商品やサービスにアピールポイイントがあると思います。

それに応じたSNS運用を行なって、今よりもっと顧客を増やせるようにしていきましょう!

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。