SNS運用ってどうやってやるの?手順とやり方を説明します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.10

SNS運用ってどうやってやるの?手順とやり方を説明します!

<img src=”SNS.jpg” alt=”SNS” />

SNS運用ってどのような手順でやったらいいのか分からない、やり方はあるの?

そんな疑問をお持ちの方はいませんか?

数年前からSNSが流行り出した影響で、SNSの持つ影響力に多くの人が期待をし、最近ではSNS運用と呼ばれるマーケティングが多くの企業で行われています。

今回は、SNS運用の初心者の方でもわかるように手順とやり方を説明していきたいと思います。

手順

まず最初に下準備の手順について説明していきたいと思います。

大まかに分けて、2つあります。

1つ目は、どのような目的でどのような内容を投稿するのかという基盤を固めることです。

この土台ができていないと、後でどんどん崩れていき結果的に失敗につながってしまいます。

まずは深く自社の商品やサービスについて理解し、どのように売り出していきたいか話し合ってみましょう。

2つ目がどんなユーザーがその商品を買ってくれそうか分析をするということです。

どんな人がこの商品を求めているのか、そしてその人はどういう経緯でその商品を求めているのか深く考えてみましょう。

いわゆるペルソナと呼ばれるものです。

ペルソナに沿って興味を持たせるような情報を、SNSを通して発信していきます。

3つ目は、体制整えるということです。

SNSはたくさんあります。

インスツグラムやツイッター、フェイスブックなどが挙げられますがそれらすべてで行っていくのか、それともペルソナの状況の応じて一番効果のあるものだけをやるのかということを決めていく必要があります。

また、どのような頻度で更新していきか、内容についてもペルソナ分析を通して決めていきましょう。

ざっくりと手順について説明しましたが、これらのことを踏まえた上で、アカウントを作成し、実際に動き出していきましょう。

SNS運用のやり方

次にやり方について説明していきます。

実際に運営を行っていく上で大事になってくるのが、継続的な更新と、投稿後のユーザーの分析です。

まず、継続的な更新ですが、SNSはすぐに情報を発信することができるサービスです。どんどん新たな情報をしていかないとせっかくのSNSのよさを引き出していけません。

ユーザー側も情報を探しているので、どんどん発信していきましょう。

次に投稿後のユーザーの分析です。

例えば、ツイッターでいうなら、投稿をした後、どんな反応をユーザーがしたのかを分析します。それが「いいね」やリツイートをされたか、またどんなユーザーがそれらをしてくれたのかを徹底的に調べます。

この分析により、より効果的な戦力が見えてくるようになると思います。

ただ毎日更新するだけでは、うまくいかない場合もあります。

分析などを等して試行錯誤を経験し、より多くの人に情報が届くようにしていきましょう。

<img src=”point.jpg” alt=”ポイント” />

まとめ

今回はSNS運用の手順とやり方について説明しました。

少しはSNS運用の良さについて分かっていただけたのではないでしょうか?

これを機に一度SNS運用について考えてもらえたら幸いです。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。