SNS運用でのTwitterの使い方を説明します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.2

SNS運用でのTwitterの使い方を説明します!

<img  src=”twitter.jpg” alt=”ツイッター” />

皆さんはもうすでにSNS運用されていますか?

爆発的にSNSユーザーが近年増え続け、その効果は以前にましても大きくなっています。

今回はまだSNS運用を始めていない方に向けて、ツイッターを使った運用方法を説明していきたいと思います。

ツイッターとは

まず、ツイッターの特徴について簡単に説明していきます。

ツイッターとは、140文字という制限の中で文字や画像などを投稿することができるSNSです。

特徴としては、新着のハイライトやフォローしている人のいいね、リツイートが流れてくることや、新着のハイライトやおすすめのツイートが出てくることです。

このことにより比較的他のSNSよりも拡散性が高いと考えられています。

最近はバズるという言葉もあるほどですね。

ただ、これは逆に炎上につながりやすいということでもあります。

ツイッターは誰でも気軽にツイートできるSNSなので、自由に自分の意見を発信しがちですが、気をつけて投稿しないと意図せずに炎上してしまうこともあります。

このようにいくつかツイッターには特徴があります。

次はこの特徴をうまく使って運用する方法を説明していきます。

運用方法

次に具体的な運用方法について説明していきます。

今回は1つつポイントをご紹介します。

それは、ユーザーを意識したツイートを毎日することです。

ツイッターのユーザー層は、比較的若い、20代や、年齢が上がると男性が多くなる傾向があるようですが、どのようなツイート内容で、どのような人からの「いいね」やリツイート数が多いのか深く分析することが重要になってきます。

この商品をこのようにツイートしたらこの年齢層、このような人からの反応が多かったと分かれば、方向性がある程度決まってきます。

方向性が決まると、どのような文章が効果的か、写真はどれがいいかなどが定まってきます。

また、投稿時間も鍵になります。

一番の奥の人が見やすい時間帯、例えば、夕飯を食べ終わった後や、お昼休憩のときにツイートをすると、情報が多くの人に行き渡りやすくなります。

ツイッターでは、多くの人が、情報収集として、役立つ情報を見つけるために日々検索をかけています。

ツイッターの特徴である、リツイートや「いいね」を多くもらうということで、

全く興味のない人にも情報を発信できます。

そのような人に自社の商品を知ってもらうために、新たな見込み客を増やしていくために、より多くのツイートをして、その内容を分析しながら、使っていきましょう。

<img  src=”SNS.jpg” alt=”SNS” />

まとめ

今回はSNS運用のツイッターでの活用方法について説明していきました。

SNS運用はビジネスにとって効果が見込めるマーケティングです。

ぜひ、一度SNS運用について考えてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。