コンテンツマーケティングってなぜ必要なの?なぜ注目されているのか、必要性をご紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.28

コンテンツマーケティングってなぜ必要なの?なぜ注目されているのか、必要性をご紹介

近年は、テレビCMやラジオ、新聞といったマス広告が通用しない時代となっています。
その原因は、インターネットが普及したことにより、ユーザーの知りたい情報が溢れかえり、
自らが探し出すようになったからです。
そんな時代に普及しているマーケティング手法が「コンテンツマーケティング」というものです。
コンテンツマーケティングがなぜ注目されているのか、その必要性についてご紹介します。

 

コンテンツマーケティングとは?

 

コンテンツマーケティングとは、見込み顧客にとって価値の高いコンテンツを適切に提供することで、
見込み客の関心を引きつけて、買いたいという欲求を持たせ、最終的に購買に導くコミュニケーション戦略のことです。
自社で売り出しているモノ・コトを売り込むのではなく、適切な情報提供をして購買支援をすることで、
最終的に購買してもらうのです。

 

パソコンから商品を選ぶ消費者

実は、コンテンツマーケティングは100年以上前にアメリカの農機具メーカーが発行した雑誌が起源といわれていますが、
重要視され始めたのはここ数年のことです。
その理由は、現代におけるメディアとライフスタイルが多様化したからこそ注目され始めたのです。

 

コンテンツマーケティングの必要性

 

まず、広告主からのメッセージが一方通行では届かない環境となってしまったからです。
先述したように、インターネットが広く普及したことで、マス広告の効き目がなくなりました。
そのため、一対多数で発信していくのは効果的ではなく、顧客に寄り添った発信が求められます。
コンテンツマーケティングであれば、一度にリーチできるユーザーの母数は減りますが、
より購買行動に繋がりやすい層へのアプローチができ、ユーザー側もニーズに沿った情報が手に入るwin-winの関係となります。
見込み客へのコミュニケーション戦略であるコンテンツマーケティングは、このようなユーザー側の変化に対応した手法であるため、必要な戦略といえます。

次に、コンテンツマーケティングは投じたコストが、コンテンツという資産として中長期的に持続するからです。
競争や変化が激しくて、掛け捨てとなる広告業界の中で、ニーズが日々刻々と変化するユーザーを効率的に獲得することができる戦略です。

 

グラフを書く男の人

このように、広告を発信していく側にもメリットのある運用方法でもあるのです。
いまやトレンドでもあるコンテンツマーケティングは、広告主側とユーザー側のどちらの変化にも対応しています。
必要な情報を得たいユーザー、効果的なマーケティングをしたい広告主、どちらにとってもよい環境作りができます。
この機会に、ぜひコンテンツマーケティングの必要性を考え直してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。