コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは何が違うのか? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.1

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは何が違うのか?

ブログの更新代行をお考えの方は、2つの言葉やそれに関連するキーワードを耳にすることも多いのではないでしょうか?

この記事ではそれぞれの意味するところの違いと、両者の背景についてご説明します。

 

コンテンツマーケティングとは

そもそもコンテンツマーケティングとは何なのか?

見ての通り、英語(Content Marketing)です。

これはContent Marketing Instituteというアメリカの組織が提唱した新しいコンセプトのマーケティング手法。

参考:https://contentmarketinginstitute.com/what-is-content-marketing/

端的に表すと、あるターゲットに対して、有益な「コンテンツ」を提供することで顧客として育成することです。

このマーケティング手法の背後には【あるターゲットに対して、有益でない「コンテンツ」を提供する】旧来のマーケティング手法があります。

セールス要素の強いセリングの広告などです。

 

インターネットをはじめとした情報取得手段の発展前は、商材情報にアクセスできる手段が乏しかったため、セリングコンテンツでもターゲットに届けば効果を発揮できました。

しかし、現状、大半の情報へのアクセスが容易になったことにより旧来の手法が機能する前提が崩れ去ったのです。

この前提崩壊により、顧客に対して効果的なマーケティング手法も変わったのです。

これがコンテンツマーケティングの生まれた背景です。

 

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、Googleの検索エンジンで上位化されるような、いわゆるSEOに効果的なコンテンツを発信することで見込みのある方を集めていくアプローチ方法です。

コンテンツを検索エンジン上で露出させて、見込み顧客自ら発見してもらうように仕掛けていくのです。

そのため、基本的にはテキストコンテンツの発信が、その意味するところと言えるでしょう。

通常のブログの更新代行は、このコンテンツSEOの代行と理解できます。

Reach@の場合、コンテンツSEOとしての代行の部分と、その成果を確かにするサポート機能がサービスに含まれていると言えます。

 

「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」の違い

つまり、コンテンツマーケティングという新しいコンセプトのマーケティング手法の中にコンテンツSEOというアプローチ方法があるという関係です。

両者は別モノではなく、片方がもう片方を含んでいるという包含の関係を持っています。

この観点で考えると、もちろんブログの更新自体もマーケティングの一つの手段だと改めて認識できます。

目的を念頭に置いた上で、手段をどのように効果的に選んでいくか?

あくまでも目的ありきの手段。

最終的な目的を見失わないように取り組み方を考えていきましょう。

 

余談

少し脱線しますが、このような外国語のまま伝わってきた単語に対しては現地の文脈とセットで理解することをおすすめします。

日本語の「もったいない」「カイゼン」がそれぞれ「地球の限り在る資源に対する
尊敬の気持ち」「現場の作業効率を高めるボトムアップの姿勢」を表すように、外来語にもその背景、文脈があります。

文脈ごと理解することで、言葉の直訳だけでは見えにくかった全体像を掴むことに繋がります。

「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」両者の違いとその背景から

今後のコンテンツへの取り組みを加速させていきましょう。

この記事を書いた人

webプロデューサー梨木 悠介

大阪大学大学院工学研究科卒。 技術のみではなくユーザー目線のweb設計に定評があり、これまでに100サイト以上のweb設計やSEO設計を手掛け、事業の成長に合わせた適切な施策を実施。年商3000万円の企業を1年間で年商2億円まで成長させるなど、成果に直結する提案が強みである。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。