コンテンツSEOは最大の効果を生む?SEOの歴史から考察する | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.6

コンテンツSEOは最大の効果を生む?SEOの歴史から考察する

「最近、コンテンツSEOという言葉をよく聞くようになったけど、いままでのSEOとは何が違うの?」
「それって効果はあるの?」

そんな疑問を感じている方は、多いのではないでしょうか。

コンテンツSEOは最近広まってきた言葉であるため、そのような疑問を抱いてしまうのは無理のないことです。

そこで今回は、SEOの歴史を辿るとみえてくる、コンテンツSEOの有効性についてご紹介します。

□かつては被リンクの数が最重視されていた

ロボット型検索エンジンを導入したGoogleは長年、「多くの被リンクを獲得しているページ」が、「多くのユーザーにとって有用なページ」であると考え、上位表示していました。

しかし、それを逆手に取った悪徳SEO業者が横行してしまいました。

彼らは、被リンクの数だけをひたすらかせぐために、低品質なサイトに大量の顧客のリンクを埋め込むといったことを始めたのです。

□被リンクの「質」を重視するようになった

良質な被リンクとは、リンクをはる側とはられる側の二つのサイトのコンテンツが関連した情報を含んでおり、かつはる側のサイトが良質であるものを指します。

これによって、ユーザーに無益な低品質のサイトに大量のリンクをはるような悪質な行為は通用しなくなりました。

しかし、それでも悪徳業者は、Googleが良質だと認識するサイトにのせるリンクを販売するなどの、悪質なSEO対策を実施しました。

□「コンテンツの質」を最重視するようになった(コンテンツSEOが有効になる)

Googleは、被リンクを購入する行為や、自然な流れではなく作為的に、不自然な被リンクを作成することを違反行為だとして、ペナルティの対象とし、厳しく取り締まっています。

また、被リンクのような指標ではなく、コンテンツそのものの質を最重視するようになったため、SEO対策において被リンク自体の重要性が失われてきています。

そこで有効なのが、コンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは、自社が伝えたい情報と関連があり、かつユーザーにとって有用なコンテンツを作成・発信して、そこから自社のホームページへと自然に呼び込み、結果として自社サイトが上位表示されることを目指す施策のことです。

良質なコンテンツを目指すコンテンツSEOと、これからも良質なコンテンツを重視していくであろうGoogleはいわば相性がいいのです。

以上、SEOの歴史と、コンテンツSEOの有効性についてご紹介してきました。

Googleが技術をより高度化していくにつれ、小手先のテクニックだけではSEO対策は成立しなくなってきました。

Googleがユーザーにとって有用なコンテンツを理想とする姿勢は、おそらくこれからも変わらないでしょう。

これからの時代、よりユーザーのためになるコンテンツを作成・発信するコンテンツSEOこそが、より多くのユーザーにコンテンツを届けるために、最も有効な手法なのではないでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。