SEO対策したい人必見!Googleのサイト評価基準とは!? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.29

SEO対策したい人必見!Googleのサイト評価基準とは!?

HPやブログを運営されている皆さん、Googleのウェブマスター向けのガイドラインを意識したことはありますか?

SEO対策をしたい人にとって非常に重要なガイドラインです。

なぜなら、検索順位を決めているGoogleが発表している何よりも確実なSEO対策のやり方、検索順位の上げ方だからです。

逆に何をしてしまうと順位が下がってしまうかもわかります。

これらを実践すれば、急激に検索順位が上がるということはないかもしれませんが、確実にサイトの信頼やGoogleからの評価は上がります。

ひいてはそれが検索順位を上げることにも繋がりますよね。

今日の記事では一緒にこのガイドラインについて勉強して、より良いウェブサイトが作れるようになりましょう。

Googleガイドラインきほんの「き」

ガイドラインが皆さんにやってほしいことは主に3つです。

Googleがサイトを探しやすいようにする

サイトマップを用意する、1ページ中のリンクの数を最大でも数千個に抑える、わかりやすいタイトルにするなど気を付けましょう。

Google がページを理解できるよう手助けする

わかりやすいサイト構造にし、サイト内容にそったぴったりのキーワードを入れましょう。

訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

重要なコンテンツやリンクは画像ではなくテキストで入れる、表示速度を速める努力をする、リンク切れをなくす、視覚障害のある方も利用しやすいようなバリアフリーなサイト作りを心掛けるとあります。

どんなユーザーにとっても有益で利用しやすいサイト作りができたらいいですよね!

 

google対策

 

ユーザー第一!不正や質が低いサイトはだめ!

これは端的に言えば、「ユーザーのためにもサイトの品質はしっかり保ちましょう」ということです。

被リンクを稼ぐためだけの質が良くないサテライトサイト、無理やりなキーワードの埋め込み、コンテンツの自動生成等オリジナルコンテンツがないものなど、ユーザーにとって有益でない、質が悪いサイトはダメ、ということですね。

品質が高いオリジナルコンテンツを作れるように一緒に頑張りましょう。

 

kk

 

Googleのウェブマスター向けのガイドラインは少し長くて読みづらいので、簡潔に今回はまとめてみました。

参考になれば幸いです。

特にペナルティをうけてSEO対策どころか検索順位をさげてしまうようなことがないように、「具体的なガイドライン」の部分はしっかりチェックして、あてはまるところがないようにするのをお勧めします。

ぜひ原文のほうも参照いただき、お役立てください。

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja&ref_topic=6002025

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。