見やすいホームページのデザイン方法について | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.29

見やすいホームページのデザイン方法について

ホームページを作るときに何を意識して作りますか?
ホームページを作るには、何となくでは上手く作ることができなかったり、時間がおおくかかったりします。

しかし、これらは上手く作る手順を守ると解決されます。
そこで今日はホームページをデザインするときにオススメな方法を紹介します。

ホームページデザイン

載せる情報を整理する

まずは初めに、ホームページに載せる情報を整理します。

どんな情報をどのくらいの量でホームページに載せるかを把握するためです。
また、情報同士の関連性があるかどうかも考えながら整理します。

ホームページに載せたい情報を全て出すことができたら、次は情報に優先順位をつけていきます。
ホームページを見てくれる人に伝えたい情報を順番に並べていきます。

順番に並べる

次に、優先順位をつけた情報を並び替えます。

樹形図のように優先順位に従って並べると綺麗に並べることが可能です。
初めのページに一番メインの情報を載せます。

そのページから順に細かい情報に分けていきます。
ここで樹形図のように、一番初めのページから次のトピックへ、そのトピックのページでさらに細かい情報を加えていきます。

最後に、各トピックのページからトップページ、その他のトピックのページへ繋がるようにしていきます。

これにより、初めのトップページから各トピックへ、各トピックからその他のトピックやトップページに井戸しやすくなり分かりやすいホームページを作ることができます。

また、この作業を行うことにより自らも情報の整理ができるためおススメです。

各ページに情報の優劣をつける

次に行うのが各ページ内での情報に優劣をつけることです。

ページごとには優先順位をつけて並べましたが、各ページの中でも情報を整理し、優劣をつけることでページが見やすくなります。

ここでの情報とは、ページのタイトル、主な情報、補足情報、その他のページへの繋がりなどがあげられます。
これらを優劣をつけて並べることで見やすさを高めていきます。

デザインを施す

最後にデザインを施します。

ただ単に必要な情報を文字で並べるだけでは読みにくいです。
そこで、色を変えたり、配置を変えたりしていきます。

ここでさらに情報の優劣をはっきりさせることができます。

デザインで色を考える

まとめ

ホームページをデザインするときに考える必要のあることは情報の優先順位と見やすさです。
それらを誰が見ても一目で分かるように、自然に脳に認識されるようにすることが大切です。

ホームページ作るときはこれらのことに注意して行ってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。