Google向けのSEO対策 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.17

Google向けのSEO対策

皆さんはど普段どの検索エンジンを使っていますか?

日本の代表的な検索サイトといえば「Google」と「Yahoo!」ですね。

両者合わせて約9割のシェアを占めるため、日本ではGoogle向けのSEO対策ができていれば十分です。

(Yahoo!の検索エンジンはGoogleのもの)

では具体的にGoogleのSEO対策とはどうすればいいのかを今回はお話しします。

Googleはどのようにサイトを評価するのか

Googleでは独自のアルゴリズムを用いて、ウェブサイトの分析を行い、数あるサイトの中で有益なサイトはどれかというランク付けを行っていきます。

そのアルゴリズムによって高評価をもらったサイトが検索結果で上位で表示される仕組みをSEOと言います。

Googleは検索品質評価ガイドラインというサイトの評価基準を公表しているので参考にしましょう。

Googleでサイトを上位に表示するには?

Google向けのSEO対策を行う必要があります。

Googleは「検索エンジン最適化スターターガイド」「ウェブマスター向けガイドライン」などのガイドラインを一般に提供しています。

これらを参考にすれば基本的なSEO対策はカバーできます。

Googleがサイトの製作者に求めているのは簡単にいうと以下の3点です。

ユーザーが求めるキーワード(検索ワード)に応えること

サジェストワードなどを使って、ユーザーニーズを踏まえたキーワードをしっかり対策しましょう。

ユーザーにとって質の高いコンテンツ(情報)を提供する

有益な情報を文章や画像で伝えることはもちろん、被リンクなどでユーザーにより良いコンテンツを提供することを心がける。

ウェブサイトの内容を分かりやすくGoogleに伝えること

いくらページの内容が素晴らしいものであったとしても、サイトの構成が偏っ他ものになるとGoogleのランキングアルゴリズムが正しく判定するこたができません。

テキストの量が少なすぎないか、画像やリンクが多すぎないかなど確認してみましょう。タイトルタグや見出しタグを用いてページは見やすくなります。

Googleのアルゴリズムは変わる

かつてスパムが流行した際にGoogleはユーザーに良質なコンテンツを届けるために、自社のアルゴリスムを数回変更するなどをして、悪質なサイトに対する対策を行ってきました。

つまりこの先もユーザーにとって最良の情報を提供するべく、Googleはアルゴリズムを変化させる可能性があります。

それに合わせて有効なSEO対策も変わっていくので、自分自身でSEOについて勉強するなどトレンドに合わせた対策を心がけましょう!

今回はGoogle向けのSEO対策についてお話しました。

いかがでしたか?

「Googleのアルゴリズム?」「サイト評価って?」

という方にもお分かりいただけたんじゃないでしょうか?

意外と簡単に挑戦できるのがSEO対策。

ぜひ一度あなたもSEO対策に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。