ツイッター・インスタ・Facebookの違いは?使い分け方を解説 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.10

ツイッター・インスタ・Facebookの違いは?使い分け方を解説

企業に勤めていてSNSの運用を担当しているという方はいらっしゃいませんか?

あるいはこれからSNSの運用を担当することになるという方いらっしゃいませんか?

ウエブ媒体でのマーケティング戦略の重要性が叫ばれている昨今ではどこの企業も多かれ少なかれSNSの運用をおこなっているはずです。

その中で、特に40代~の方はあまりSNSをつかってこなかったからどのように運用すればいいのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、ツイッター、インスタ、Facebookなどいろいろありすぎてよくわからないという人もすくなくないでしょう。

そこで今回はこの代表的な3つのSNSをとりあげて、ユーザー層や特徴、コンテンツの内容などの観点から使い分け方を紹介します。

3つのSNSの違いは?

ツイッター・インスタ・Facebookの違いは?使い分け方を解説

まずはユーザー層の違いを見ていきます。

ツイッターは20代がもっとも多く、年齢層があがるにつれて女性のユーザーが少なくなります。

インスタは1030代のユーザーが多くて30代以下だと女性の比率が60%を超えています。

Facebook10代のユーザーが極端に少なく、40代のユーザーがもっとも多くなっています。

次に機能面での違いですが、

ツイッターはテキストベースの投稿になります。

テキストに合わせて画像や動画を添付することができます。

この点はFacebookと同じになります。

それに対してインスタは画像や動画ベースになり、テキストはほんの数行しかないことがほとんどです。

次に影響力という面で言うと、インスタはフォロワーにしか投稿はみられないです。

Facebookも友達の友達の投稿はみれたりしますが、基本的に全く関係のない人と関わることはすくないです。

しかしツイッターはリツイート機能があるので全く知らない人にまでツイートが広がる可能性があります。

フォロワーの層も友達や家族だけではなく、全然知らない人も含まれます。

Facebookはツイッターよりも現実で知っている人との関わりが多いです。

これら3つのSNSを使い分けるためには、まず自社のサービスのターゲット層がどこなのか?(女性なのか?若年層なのか?など)に合わせて使うSNSを決めるといいでしょう。

飲食店やデザイン業だと、インスタが使いやすいでしょうし、ビジネスマンに向けたサービスであればFacebookの方が効果的かもしれません。

まとめ

ツイッター・インスタ・Facebookの違いは?使い分け方を解説

有名な3つのSNSの違いをとりあげて紹介しました。

人によっては3つ全部使っていると言う人もいるでしょうし、ひとつしか使っていないという人もいます。

自社のサービスがターゲットとしている層のニーズをつかんでうまくSNSを運用して刺激することが大事です。

ぜひSNS運用でどのSNSを使うか考えている方がいれば参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。