SNS運用担当者必見!投稿するネタが切れた時の対処法は? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.8

SNS運用担当者必見!投稿するネタが切れた時の対処法は?

SNSの運用を会社から任されている人なら分かるかもしれませんが、「週に何回ぐらい、1日に何回ぐらい投稿してほしいと言われるけど、そんなに投稿するネタがない」という

ことはありませんか?

毎日毎日、ツイッターにフェイスブックにと投稿していると「この投稿内容正直被っているよな~」ということが少なくないです。

そこでこの記事ではネタがきれた時の対処法、投稿ネタの探し方を紹介します。

ネタはどうやって探したらいい?

自分の会社の歴史からネタを仕入れる

SNS運用担当者必見!投稿するネタが切れた時の対処法は

創業して年月の経っている会社であれば、そこまで会社が大きくなるまでに様々なストーリーがあるはずです。

他にも創業者の話や、どのような理由でその会社を立ち上げるに至ったかなど、その会社により興味をもってもらうためのコンテンツとしてとても良いのではないでしょうか?

これまでの歴代の社長がどんな人か、どのように資金調達してきたのか、逸話のようなものがあるならなおよいでしょう。

そのような情報を小出しにして連続したシリーズとして投稿したりしても面白いかもしれません。

時事ネタ

最近あったビジネスニュースに絡めたツイートや、その出来事に対してその会社はどのようなスタンスをとっているのかなどの情報は顧客や就活生にとって有益ではないでしょうか?

ここで1つ注意ですが、時事ニュースに対してアウトプットする場合には、あくまで「会社として」の方針を投稿するようにしましょう。

運用担当者の考えやスタンスを書いてしまうと会社のイメージを損ねてしまう可能性があるので注意しましょう。

社員の紹介

SNS運用担当者必見!投稿するネタが切れた時の対処法は

これは社員の許可がとれたらですが、社員の紹介などをしても注目を集められるかもしれません。

特に就活生だと同じ大学に先輩がいたら心強いでしょうし、消費者にとってもどんな社員がサービスを提供しているかが可視化されるので安心感が生まれるでしょう。

豆知識や格言など

「実はうちの会社って~なんですよ」みたいな情報を投稿するといいかもしれません。

また、社長の格言や社内で浸透している考え方などを紹介することで社外に社風が伝わって、顧客とより密な関係性が築けるかもしれません。

まとめ

会社としてのSNSアカウントの運用をしていて、投稿するネタがきれた時のネタの探し方を紹介しました。

過去に投稿した内容でも忘れた頃にもう一度リライトして投稿したりするといいでしょう。

1日に何記事も投稿するようでしたら、すぐにネタが切れてしまうと思うかもしれませんが、紹介したようにネタを探す要素はたくさんあるので参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。