SNS運用をするうえできをつけるべきポイントを解説 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.2

SNS運用をするうえできをつけるべきポイントを解説

あなたの勤めている会社はSNSをうまく運用しているでしょうか?

もしかしたら勤めている会社でSNS運用を担当することになったからこの記事を

読んでくれている方もいらっしゃるかもしれません。

IT技術の爆発的な成長によって従来の広告やプロモーションのあり方が一変してしまいました。

特に日本だと高いスマホの普及率を誇るため子供でもスマホをもっています。

子供の頃からスマホやタブレットなどの情報端末に触れている今の若者の

消費行動はSNSに大きく影響されます。

企業も我先にとウエブ分野でのプロモーションにのりだしています。

SNSの運用もまた企業のマーケティング戦略において重要な役割を占めます。

今回は、これから始めようとしている企業も多いであろうSNS運用における注意点を紹介します。

SNS運用で気をつけること

運用方針を決める

sns3

SNS運用を始めると決めたからといって、次の日からいきなりSNSを動かしてみるというような無鉄砲な方法では高い効果は期待できません。

まずはその企業がSNSをどのように運用していくのか方針を立てましょう。

自分の会社がそのようなスタンスでSNS運用をしていくのか、何を目的として運用するのか、万が一トラブルが起こった時はどう対応するのかを社内外向けに公表しましょう。

トラブルを避ける

ツイッターなどで情報をツイートしていて、もし炎上してしまったら大変なことです。

自社サービスに関することで一度炎上してしまったら基本的にそこから立て直すのはもう難しくなってしまうので、気をつけましょう。

自社サービスを不当に悪くいうようなコメントを削除したり、スパム対策などを行なってトラブルが起こるのを未然に防ぎましょう。

社内の機密や顧客情報が漏洩しないようにする

sercret

SNSの運用を会社でやっている人が個人的なアカウントと間違えて情報を発信してしまうというミスは多いです。

また社員の個人アカウントでの業務内容の漏洩や機密情報の漏洩がないように

気をつける必要があります。

社員のSNSの個人使用を制限するのは難しいですが、会社にとってよくない情報が漏洩しないようになにかしらの対策をうっておきましょう。

まとめ

SNS運用において気をつけるべきポイントについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

SNSはうまく運用することができれば強い武器になりますが、使い方を間違えて炎上してしまったり、会社にとってよくない情報が流出してしまったら悪影響しか及ぼさないもろ刃の剣です。

しっかりと最初に運用方針を定めて、その運用方針に従って適切SNSを運用することを心がけましょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。