企業がSNS運用をする上でのガイドラインの作成方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.12

企業がSNS運用をする上でのガイドラインの作成方法

昨今ではどこの企業もSNSなどのメディアやブログ記事やホームページなどの

ウエブコンテンツを用いてマーケティング戦略に組み込んでいます。

最近ではツイッター、インスタ、tiktokなど様々なSNSが人気を集めており、道を

歩いていれば歩きながらSNSを触っている人を見かけるでしょう。

みんながSNSから情報を吸収している今の時代ではSNSの運用は企業によって

必要不可欠です

しかし、企業がSNSを運用するにあたって運用方針を示すガイドラインを作成しておかなければなりません。

そこで今回はガイドラインの作成方法を紹介します。

そもそもガイドラインって?

企業がSNS運用をする上でのガイドラインの作成方法

現在はどこの企業、個人もソーシャルメディアを活用しています。

そのソーシャルメディアを活用する際の方針、使用目的を示しているのがガイドラン、メディアポリシーになります。

SNSが広く普及している現在では発信したコンテンツが思わぬ炎上を引き起こす可能性があります。

ガイドラインは、その企業がソーシャルメディアを使用する目的、使用する上でのルールを定めることで、企業が不用意な情報を発信して炎上を招いたり、社員がソーシャルなコミュニケーションツールを利用してトラブルが起きるのを未然に防いでいるのです。

作成方法

企業がSNS運用をする上でのガイドラインの作成方法

作成に携わるべきなのは企業のマーケティング部や会社PR部です。

それらの部署が中心となって、社内各部署へのヒアリングを通して、ガイドラインが

社内に、その企業の社員全員に浸透するように作成しましょう。

作成基準としては、他者へのネガティブな内容を発信しない、人権侵害や差別的な発信をしないなど、誤解を招くようなことや、炎上する可能性のあるようなコンテンツを未然に防ぐことです。

自社でガイドライン・メディアポリシーを作成する企業もありますが、特に中小企業の場合には本業が忙しくて、なかなか手が回らないという会社も多いです。

そのような場合にはガイドラインの作成を代行会社に外注することもできます

SNS運用を代行している企業には、SNSアカウントの作成、運営方針・ガイドラインの作成を代行してくれるサービスもあります。

また、代行会社ではなく、フリーランスの方に個人的に依頼することでより安く請け負ってくれます。

まとめ

SNSの運用する上でのガイドラインの作成方法を紹介しました。

思わぬトラブルを防ぐために、事前にガイドラインを作成した上で安全に運用していく

ことが必要不可欠です。

ただ単にガイドラインを作成するだけではなく、それが会社内、社員にしっかりと浸透するようにしましょう。

これからSNS運用を始めるという人はぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。