ウェブライティングの重要性 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.21

ウェブライティングの重要性

SEO対策といえば大きく分けて3つ。

内部対策・外部対策・コンテンツ対策ですよね。

でもユーザー目線からするとサイトに書かれた文章も大事だとお思いませんか?

私たちは普段ネットサーフィンをする時を思い出して見てください。

面白い文章や読みやすい文章の方が最後までページをスクロールして読みたくなりますよね。

文章もサイトのコンテンツの一部なのですが、SEO対策において文章の重要性はあまり大きく取り上げられません。

今日はそのようなライティングの重要性について取り上げたいと思います。

ライティングは重要

①タイトルと見出し

title

特にタイトルと見出しは検索結果に直接影響します。

しっかり対策しましょう。

・タイトル

対策キーワードを盛り込むこと。

28文字前後のタイトルを設定する。

1つの記事の中では1つのテーマに絞って書く。

・見出し

キーワード対策と見出しタグを正確に使用することを心がける。

クリック率を上げるため、ユーザーを惹きつける文章を心がける。

 

②リード文

read

見出しやタイトルの中に含まれるキーワードを必ず入れる。

読者の目に一番最初に触れる部分です。

「何を伝える文章か」を伝えられる文章にしましょう。

③本文

・文章の構造

具体的な文章の書き方としては序論・本論・結論を意識することが大切。

本論の中身においても「はじめ」「なか」「おわり」を意識すると読みやすい文章になります。

・分かりやすさが大事!

対策キーワードや専門用語以外に難解な言葉や言い回しを文章中に使うのはやめましょう。webライティングは短い時間ですぐに読めてしまう「読みやすさ」が最も重要です。

・文章のスタンス

その都度、クライアント目線なのかカスタマー目線のどちらで書けば、より魅力的な記事になるかを考えて記事を書きましょう。

④Googleに評価してもらうためには

クローラに評価してもらうために注意すべきことはいくつかあります

・文章中で代名詞はなるべく避ける。

対策キーワードや専門用語などは不自然になってしまう場合を除いて、なるべく代名詞を使わないようにしましょう。対策キーワードが評価されないのはもったいないです。

・専門用語を使う

Googleのサイトの評価基準に専門性を問うものがあります。

サイトの製作者が本当に専門的な知識を持っているのかを判断するためです。

専門用語を正しく使うことはサイトの信頼性の評価にもつながるため、ぜひ対策しておいた方が良いでしょう。

いかがでしたか?

今回はSEO対策における読みやすい文章の書き方についてお話しました。

文章を書くの苦手という方へ

何度も何度も書くことで文章の精度は着実に上がっていきます!

しっかり練習をしてライティング能力を上げていきましょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。