スマホ向けのSEO対策の重要性 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.23

スマホ向けのSEO対策の重要性

突然ですが、スマホ向けのSEO対策ってご存知ですか?

今回はSEO対策の中でも、最近注目を集めているスマホ向けのSEO対策についてお話します。

スマホ向けのSEO対策って?

結論から言うと、スマホとPCサイト向けのSEO対策は同じです。

ではなぜスマホ向けのSEO対策がこれほど注目されるようになったのでしょうか?

モバイルフレンドリーアルゴリズムの導入

2015年にGoogleはモバイルフレンドリーアルゴリズムを初めて導入しました。

現在ではモバイルフレンドリーに対応したwebサイトが検索ランキングで優遇されるため、スマホ向けのSEO対策が重要視されるようになりました。

スマホ向けにできるSEO対策とは?

smartphone1

今のところスマホ専門のSEO対策はないのでPCサイトの対策と同じ対策をすれば大丈夫です。

最も重要なのがPC版サイトをモバイルフレンドリーに対応させること。

スマホからの閲覧流入を意識していない方も、モバイルに対応すれば検索ランキングで優遇されるのでSEO対策に有効です。

またスマホの閲覧数はPCを圧倒的に凌ぎます。

PC版サイトをモバイル対応にすればサイトの閲覧数が上がり、売上げアップにも繋がります。

これからのスマホ向けのSEOはどうなる⁈

・モバイルファーストインデックス(MFI)という流れ

Googleは2018年3月に正式にMFIへの切り替えを発表し、準備ができたサイトからMFIに随時切り替えていくそうです。

MFIとは

今までPCサイトを基準にwebサイトを評価していたのに対し、スマホサイトを評価の基準に据えてwebサイトの評価をするようになったのです。

でもご安心を!

このGoogleの変更は評価の対象をPCからモバイルサイトに変更しただけです。

webサイトの評価基準そのものをGoogleが変更したわけではありません。

従来通りユーザーファーストの視点から、SEO対策を行なっていれば特に問題はありません。

※モバイル版の読み込みに時間がかかるサイトは検索順位に影響する可能性はあります。

スマホ専用の検索結果が現れる⁈

smartphone2

Googleはスマホ専門のインデックスの導入を検討しているようです。

そう遠くない将来にはスマホ専用の検索結果が導入されるかもしれません。

そうすれば、PCサイトありきのモバイル向けSEO対策ではなく、スマホ独自のSEO対策が自ずと必要になるでしょう。

いかがでしたか?

今回はスマホ向けSEOについてお話しました。

スマホ専門のインデックスが存在しないため、スマホ専門のSEOは存在しません。

ですが近い将来に必要になる可能性は高いです。

今からスマホSEO時代にそなえて、どのようなコンテンツがスマホ向けのマーケティングに相応しいのか考えるのも楽しいですよ!

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。