共起語ツールを使って一緒に検索されているキーワードを記事のネタにしよう | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.6

共起語ツールを使って一緒に検索されているキーワードを記事のネタにしよう

SEO対策のしっかりした記事のネタを書きたい!

ブログを書いている人なら誰しも思っていることですよね。

実は共起語ツールを使うことで効果的なキーワードを選定することができるのです。

今日は共起語ツールのメリットについてお話させていただきます。

ポイント
ポイント

共起語とは

まず共起語とは何なのでしょうか。

記事のネタを探す際に用いている方もいるかもしれません。

共起語とは、「ある言葉と一緒に調べられやすい言葉」のことです。

共に起こす語と書くのでなんとなく分かりますね。

実は共起語は、SEO対策でよく使われる「関連キーワード」や「サジェスト」と似ています。

しかし、関連キーワードは検索数の多い関連のあるキーワードで、サジェストは検索の際の利便性向上のものなので、少し意味合いが違います。

例えば共起語にはどんなものがあるかというと、

「しとしと」という言葉に対して「雨」という共起語があります。

当たり前だと思われるかもしれませんが、「晴れ」や「雪」よりも一緒に調べられやすい言葉ですよね。

こうした共起語を適切に用いることで、検索しているユーザーの満足を向上させることができるのです。

共起語ツールとは

共起語を用いることで検索ニーズを満たすことができ、ユーザーの満足を高めることができます。

そこで、共起語を適切に選ぶ際に役に立つのが共起語ツールです。

WEB上には無料公開されている共起語ツールが多数あります。

すぐに使えることが特徴なので是非使いやすいサイトを見つけてみてください。

具体的な使い方としては、調べたい言葉を打ち込むと、その言葉の共起語が複数出てくるようになっています。

例えば、「映画」と打ち込むと「おすすめ」や「無料」という言葉が出てきます。

その中から記事のペルソナのニーズにあったキーワードを選ぶことで、ページの滞在時間を長くすることができます。

メモ
メモ

共起語がおすすめなわけ

共起語をキーワード選定の際に活用することをおすすめする理由はユーザーの満足度向上もありますが、Googleが採用しているからという理由もあります。

Googleの検索用のロボットであるクローラーは共起語を拾いながらそのサイトに書かれている内容を判断します。

つまり、共起語が多いサイトは何について書かれているかを判断してくれますが、少ないサイトだと何が書かれているかわからないと判断され、低い評価をつけられてしまうのです。

もちろん、ユーザーにとってもわかりやすい記事になることは言うまでもありません。

共起語ツールの活用方法

ここまで共起語ツールを用いて記事のネタを書くメリットについてお話しました。

しかし、共起語を用いることで完全にユーザーの検索意図を汲み取ることは難しいでしょう。

共起語ツールは役に立ちますが、実際に検索されているキーワードの傾向をきちんと見ることで効果を発揮できるといえるからです。

また、実際のペルソナについての理解がなければいいキーワードを選定することはできないので、知見を広げておくことや、情報収集をしておくことも大事です。

様々なツールと自身の経験を掛け合わせることによっていい記事を書くことができるのですね。

まとめ

今回は共起語ツールをご紹介しました。

SEOマーケターなら是非知っておきたいところです。

是非関連キーワードやサジェストと一緒に記事のネタを探す時に活用してみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。