初めてのGoogleアナリティクス導入方法と最初に見ておきたいデータ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.3

初めてのGoogleアナリティクス導入方法と最初に見ておきたいデータ


Googleアナリティクスを導入しようと考えている方の中には、導入方法やその後の使い方がわからない、という方もおられるのではないでしょうか。

実はGoogleアナリティクスはサイト解析にとても役に立つものですが、分析の方法を知らないと有効活用することはできません。

そこで今日は、初めてGoogleアナリティクスを導入する方向けに、導入方法と最初に見ておきたいデータについてご紹介します。

さわやか
さわやか

Googleアナリティクスとは

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している無料の解析ツールです。

これはWEBマーケターであれば誰でも利用していると言っても過言ではなく、サイトの訪問者や流入経路、行動パターンなどのアクセス状況が24時間取得されます。

これらのデータを分析し、サイトの改善を行い、訪問者数を増やすことで契約数を増やしたり、認知拡大につながるのです。

それではGoogleアナリティクスを導入するにはどうしたらいいのでしょうか。

Googleアナリティクスの登録方法

Googleアナリティクスの登録方法は極めて簡単です。

まず、Googleアカウントを用意します。

こちらのアカウントでログインするので新しいものを取得してもいいでしょう。

新しいアカウントを取得する場合https://accounts.google.com/から行ってください。

Googleアカウントが取得できたら、Analyticsアカウントを取得します。

https://www.google.com/analytics/

すると、初めての場合「お申込み」というボタンが表示されるので、クリックして次のページに進んでください。

解析したいサイトのURLやサイト名、アカウント名を入力しトラッキングIDを取得します。

こちらのIDをサイト内に埋め込むことで、アナリティクスとサイトが連携します。

Googleアナリティクスの設置方法

Googleアナリティクスの登録が完了したら、次にサイトに設置する作業を行います。

トラッキングコードはUAから始まるコードで、そちらを解析したいサイトのソースに貼り付けます。

この時にタグよりも上で最初のほうに貼り付けるようにしましょう。

もし成功していれば、数時間後にはデータが取得されているはずです。

反対に、データが取得されていない場合は正しく設置されていないということになります。

問題点はないか見直してみましょう。

そして、設置することができたら設定を行うことが大事です。

Googleアナリティクスは過去のデータをさかのぼって取得することはできないので、最初にきちんと設定しておくことが肝心になります。

point
point

Googleアナリティクスで最初に見ておきたいデータ

初心者におすすめしたいのは、ホーム画面とリアルタイムの画面をとにかく眺めてみることです。

データが時間とともに変化していくことを実感することが大事です。

また、そうすることでモチベーションを上げることにも繋がりますので日々確認してみるのもいでしょう。

画面に慣れてきたら、前月や前年と期間を区切って比較することをおすすめします。

この比較を参考にして目標設定をすると、何をすればいいか行動の指針も立てやすくなります。

サイト解析は目標を立てることが何よりも大事と言ってもいいでしょう。

毎日データの推移をチェックして、アナリティクスに慣れつつ目標を達成するためにどの数値がポイントになっているのかを考えることが大切です。

まとめ

今日はGoogleアナリティクスの導入方法と最初に見ておきたいデータについてお話させていただきました。

今後サイト運用していく上のPDCAの要となるのがGoogleアナリティクスです。

是非この記事を参考に、活用してみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。