2019年GoogleAnalyticsでデータ解析するなら、まずはここから見よう! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.8.26

2019年GoogleAnalyticsでデータ解析するなら、まずはここから見よう!

2019年の現在スマホの普及率は右肩上がりで、それに伴い幅広い世代の方がサイトを閲覧しています。Google Analyticsを利用しているあなたはより効率のいい利用ができていますか?ユーザーの数が増えている現在、より細かくユーザーのことを知ることが大切です。今回はGoogle Analyticsでデータ解析を行う際の注目すべき点についてまとめました。

ユーザーはどこからサイトを閲覧しているのか

Google Analytics をあなたは有効利用できていますか?サイト運営を行うためにはとても便利であり、しかも無料で利用することのできるこのツールには多くの機能があるのですが、まずはあなたのサイトに訪れたユーザーがどこから閲覧しにきたのかを知ることが大切です。というのも集客チャンネルをチェックすることにより、ユーザーがどこから来ているのかという情報をあなた自身で把握することができ、それは今後のサイト作りを行っていく上でとても大切となるからです。例えば検索エンジンからのユーザーなのかそれ以外からなのかを知ることができれば、現在のあなたの運営方針が適切かどうかを判断することができます。もしも対象ユーザーのニーズが異なることがわかれば、少しずつサイト内のコンテンツを変化させつつ、今後もGoogle Analyticsの集客チャンネルでユーザーの経由サイト等を確認しながらよりいいサイトを目指しましょう。

閲覧者の特徴は?

あなたのサイトはもちろんターゲット設定を行っていますよね。ではご自身のサイトは予想通りのターゲット層からの指示を受けられているかどうかを正確に把握していますか?何人の方がサイトを訪れたのかどうかはもちろん、訪れたユーザーの種類は「ユーザー 概要」にて簡単にわかりますよね。セッション時間が長ければ長いだけあなたのサイトは気に入られているといえるでしょう。長期に渡ってセッション時間のサンプルを取り続けることができればあなたのサイト作りをより効率よく行うことができます。SEO対策やコンテンツ作りが適切であるかどうかは閲覧者の特徴を的確に理解するとより明確になりますね。

ページの満足はどうか

あなたのページに満足しないユーザーはすぐに違うサイトに切り替えることでしょう。それはGoogle Analytics内で直帰率を確認すれば一目瞭然です。サイト内で他のページに移行したかどうかを表すこの指数を確認することで、ユーザーの意図に合ったサイト作成をできているかどうかを確認することができ、ページ自体を見直すこともできるかもしれません。これらの指数はどれもGoogle Analytics内でグラフを用いて表示されていますので一度確認してみてください。

コンバージョン数は重要

コンバーション数を把握することができれば、これはあなたのサイトの成果を把握することに相違ありません。2019年の現在スマホの普及率は右肩上がりで幅広い世代の方がサイトを閲覧しています。これによりコンバーション数の向上は必須であり、サイト運営者である方は必ずと言っていいほどこの数値を把握しています。これをいかに伸ばすかどうかはおそらくほとんどの方が試行錯誤を重ていることでしょう。

Google Analyticsはユーザーのことについて細かく把握することができるため、その特徴や経由サイトをこのツールで確認しつつ設定したターゲットに合うより高いコンバージョンを目指すことができます。あなた自身が掲げている目標を達成するために今後は閲覧者の特徴や経由サイトをより一層把握するようにしていきましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。