アイキャッチ画像を作成する時に気をつけたい5つのポイント | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.10

アイキャッチ画像を作成する時に気をつけたい5つのポイント

「記事を読んでもらうために、アイキャッチを作りたいけどどうしたらいいの?」

「プロじゃなくてもうまく作れるコツってないかな?」

せっかく書いたブルグも、冒頭部分でユーザーを引き付けないと最後までみてもらえません。

最近はスマートフォンで隙間時間にネットにアクセスする方が多いです。

そんため、はじめの部分でいかにユーザーに興味をもっていただくかが重要になっています。

その秘訣がアイキャッチです。

しかし、どうやって作るとうまくいくのがなかなかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回はアイキャッチ画像を作成する時に気を付けたい5つのポイントをご紹介します。

□5つのコツ

*1:画像の選び方

写真はおしゃれなものにしましょう。

写真だけで印象ががらりと変わります。

もし、難しければ

・ごちゃごちゃしていないシンプルなもの

・白色に近い明るいもの

を選んでみてください。

これらは使いやすく、知名度のないブログでも清潔感を与えて好印象を獲得できます。

*2:文字の入れ方

アイキャッチを画像だけにしていませんか?

ブログのタイトルを入れると直帰率減少に効果的です。

ブルグはたいていスマホなどで「みる」ものでユーザーはしっかり読んでいません。

そのため、一目で内容がわかるようにアイキャッチにタイトルを入れると効果的なのです。

また、背景に文字のインパクトが負けてしまわないように

・文字を太字にする

・縁取りをする

・文字の背景に画像と似たような色で塗りつぶす

などの工夫をすると効果的です。

*3:レイアウトに気を付ける

使う文字と画像が決まったらレイアウトを考えましょう。

いくら素敵な画像でも、レイアウトがきちんとしていないと魅力的なアイキャッチになりません。

きれいに整列させましょう。

よくあるレイアウトは

・中心揃え

・画像の余白、アイコンと文字を揃える

・画面を左右に割る

です。

迷われたら参考にしてみてください。

*4:色使いに気を付ける

レイアウトができあがってきたら色使いを確認してみましょう。

「構図はステキなのに、色使いがいまいち…」なんてこともあります。

ポイントは

・原色を使いこなすのは難しいので避ける

・色をたくさん使いすぎない

・作成しているアイキャッチ内にすでにある色の近似色を使う

です。

*5:細部を確認する

だいたいできてきたのではないでしょうか?

これで「OK!」を出せそうならしっかり保存して提出しましょう。

「何かいまいち…」

と感じるなら細部を確認してみてください。

行間や、字間、文字の大きさなど再度確認してみましょう。

重要度の高いもとと、そうでもないものの区別がしっかりしていないのが理由かもしれません。

メリハリをつけるとステキなアイキャッチになります。

□まとめ

今回はアイキャッチ画像を作成する時に気をつけたい5つのポイントについてご紹介しました。

アイキャッチはユーザーをブルグに引き付ける上で非常に重要な役割を果たします。

バナーなどより、構成要素が少なく比較的簡単に作れるのでぜひ試してみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。