オススメの無料コピペチェックツール!重複コンテンツを避ける方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.20

オススメの無料コピペチェックツール!重複コンテンツを避ける方法

WEBに置いて記事を書くときはコピペチェックが重要になります。

まず、Googleの検索欄において同じような記事が並ぶことは避けたいと考えられているので、できるだけ重複したコンテンツは並ばないようになっています。

ということは、コピペチェックをすることで検索順位をあげることにもつながっているのです。

今日はコピペチェックツールについてご紹介したいと思います。

コピペチェックツールとは

コピペチェックツールとは、自分が書いた文章をWEB上の全てのサイトの文章と照らし合わせて、重複している部分が多いかを検証してくれるツールです。

どれくらい重複しているかを%で表してくれるのでひと目でWEBに載せて大丈夫な文章かそうでないかを見分けることができます。

文章の中でどの部分がどれくらい似ているかも表すことができるので、すぐに修正できるという特徴もあります。

このように多くの場合、コピペチェックツールはWEBコンテンツマーケティングで使用されます。

上記のように検索エンジンへの対応としても効果的ですし、ほかの重複しているサイトに著作権侵害で訴えられた時のことを考慮すると、先に防止しておくほうが良いと言えます。

また、他にも自分の著作物が侵害されていないかを調べる際にも使用することができますし、論文やレポートが盗用でないかを調べる際にも役立ちます。

コピペチェックツールはWEB上で無料公開されているので誰でも気軽に使うことができます。

今回はその中でもおすすめなツールを紹介したいと思います。

おすすめのコピペチェックツール

まず最初におすすめしたいコピペチェックツールがCopyContentDetector

です。

こちらは無料で何回でも使用できます。

ワードプレスのプラグインなども提供しているので自動化したい方にはおすすめです。

次におすすめなのがこぴらん。

こちらはブックマーク機能がある、検索速度が他のものに比べても速いという特徴があります。

こちらも無料ですので是非どちらも試してみて使いやすい方を選んでください。

pc
pc

重複コンテンツを避ける方法

コピペチェックツールを使ってみたら重複コンテンツの割合が多かったという場合どうすればいいのでしょうか。

まず重複コンテンツとは自社サイトの内部に同じようなコンテンツが多数存在している場合と、外部サイトと重複している場合があります。

この場合は外部サイトと被っている場合なのでコピペ率を下げることが有効的です。

どうしてもコピペ率が下がらない、という場合もあると思います。

その時は固有名詞をできるだけ避ける、全体の文字量を多くするなどの工夫を試してみてください。

外部との重複も問題ですが、内部サイト内で重複コンテンツがある場合もGoogleからの評価が下がり、ペナルティを受けることもあります。

このような場合は定型文を少なくするなどの工夫ができますので是非試してみてください。

pc
pc

最後に

今日はコピペチェックツールについてご紹介させていただきました。

WEBライターの方は自分のお気に入りのツールを見つけて是非使ってみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。