GAIQとはどんなものなのか?テスト受験方法から合格する為の勉強法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.27

GAIQとはどんなものなのか?テスト受験方法から合格する為の勉強法

「GAIQってどんな試験なんだろう」

「どうやって勉強すればいいんだろう」

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

どんな活動を行うにしても、多くの人が何を求めているのか知ることは大切ですよね。

そのためにインターネットの活用が必要だということは現代において当然のように言われています。

その分析に用いられるGoogleアナリティクスの技術や知識を認定してくれる試験がGAIQです。

名前を知ったけれどまずGAIQとは何なのか知りたいというビギナーの方のために、GAIQのことからどうやって受験するのか、さらに合格するための勉強方法まで解説します!

GAIQって何?

Google Analiticsが表示されたスマホ画面

GAIQとは「Googleアナリティクス個人認定資格」の略称です。

Googleアナリティクスの習熟度の認定を個人の単位で受けることができる資格で、合格すればGoogleから公式にアナリティクスの能力を認定されたことを証明できます。

資格には有効期限があり、合格してから18ヶ月間となっています。

期限が切れると再び受験して認定を受ける必要があります。

70問の選択形式のテストで、8割の点数が合格ラインで、試験時間は90分間です。

もし不合格になっても7日後には再受験が可能です。

どうやって受験するの?

GAIQは自宅のパソコンでインターネット上の受験をすることができます。

無料で受験可能で、試験対策にも資料が公開されているので大変手軽に受けられる資格と言えるでしょう。

無料で受験するにはGoogle Partnersを利用する必要があります。

Google Partnersとは、Googleのプログラムで広告代理店やオンラインマーケティングコンサルタントに向けて提供されているものです。

受験する際の手順

では次に具体的な受験方法の順序です。

  • Google Partnersに登録
  • Googleのアカウントを入力し、プロフィールを登録
  • 「Analytics」の欄から「試験を受ける」を選択
  • 試験開始をクリック

Googleのアカウントさえされば簡単な手順ですぐに受験可能なので、気負う事なく挑戦してみてください。

どうやって勉強したらいいの?

パソコンで作業する人と、ノートにメモを書き込む人の手元

Googleに認定してもらうテストですから、Googleの教材を一通り理解するのがもっとも効率的な勉強法でしょう。

インターネット上の情報は古いものや信ぴょう性の低いものももちろんあるので、安心してテストに対応した対策を行いたい方は公式の教材を利用することをおすすめします。

Googleアナリティクスアカデミーが無料でインターネット上に授業を公開しています。

初心者向けコースと上級者向けコースの二種類のオンラインコースが提供されているので、まずは初心者向けのコースから動画を見ていきましょう。

ユニットごとに英語の授業動画を視聴できます。

日本語字幕がついているので安心して内容を理解しながら学習を進めてください。

ユニットの最後には復習のテストも用意されているので、本番のテスト形式に慣れるためにもこの練習問題をしっかり活用しましょう。

まとめ

今回はGAIQの概要から勉強方法までをご紹介しました。

これからGoogleアナリティクスを使えるようになりたい方や、資格を利用したい方はぜひ今回の記事を参考にGAIQの受験を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。