Search Consoleのエラーとは?エラーの確認方法と対処法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.1

Search Consoleのエラーとは?エラーの確認方法と対処法

「Search Consoleでエラーって何のこと?」

「エラーが出てしまった時の対処方法を知りたい!」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ブログを運営していて、Google Search Consoleを使っているという方は多いかと思います。

しかし、エラーが出ても、どうしたら良いのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、Search Consoleのエラーの確認方法と対処法について解説します。

Search Consoleのエラーとは?

Search Consoleは、検索エンジンロボットであるクローラーが、サイトを巡回できているのかを確認できるツールです。

ここで、ちゃんと巡回できておらず、サイトに問題があると判断した場合に、クロールエラーとしてSearch Console上で表示されます。

もしも、このエラーを解決せずに放置してしまった場合、Googleがコンテンツを評価することができないため、検索エンジンの上位表示を狙うことが難しくなってしまいます。

そのため、Search Consoleのエラーを解決することは、とても重要なことなのです。

エラーの確認方法

それでは、実際にエラーを確認する方法について紹介します。

まずは、Search Consoleにログインをして、対象となるドメインを選びましょう。

そうすると、画面の左側にメニューが表示され、「クロール」というものがあるのでそれをクリックします。

そして、その中にある「クロールエラー」というものをクリックします。

ここまでの手順通りに進めると、エラーの内容を確認することができます。

クロールエラーでは、デバイスの種類別に「PC」「スマートフォン」「フィーチャーフォン」に分けられて、それぞれのエラー状況を確認することができます。

エラーの種類と対処法

それぞれのデバイスでのエラーを確認することができれば、更にいくつかの種類のエラーに別れていることが確認できると思います。

ここでは、URLエラーのそれぞれの意味と対処法について解説します。

*サーバーエラー

サーバーの応答時間が長すぎる場合、クローラーのアクセスがブロックされた場合にエラーとなります。

対処法として、パーマリンクの設定を行うことや、セキュリティが強力すぎないかの確認をすることなどが挙げられます。

*ソフト404

ページが存在しない場合に生じるエラーです。

このエラーは、サイト内の存在しないページにアクセスしてしまったときに、404エラーページを自作し、それを表示することで解決できます。

*アクセスが拒否されました

クローラーが、ページにアクセスすることができなかった際に生じるエラーです。

このエラーは、クローラーをブロックする設定になっていないか、サイトがGoogleからどのように認識されているのかを確認することで解決できます。

*見つかりませんでした

これは404エラーとも呼ばれ、サーバーからエラーが送られてきます。

ページにアクセスしようとしたときに、「ページが見つかりません」と送られてきた場合に発生します。

このエラーは正しくないリンクからのアクセスであることが多いので、リンク元を確認して、修正するようにしましょう。

まとめ

今回は、Search Consoleのエラーの確認方法と対処法について解説しました。

エラーの意味や修正の方法はお分りいただけましたか。

Search Consoleをうまく活用することで、検索エンジンの上位表示をできるようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。