Search Consoleの設定方法と最初にチェックするべき項目 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.6.7

Search Consoleの設定方法と最初にチェックするべき項目


ブログの運用を始めたけれど分析の仕方がわからない。

こんなお悩みをお持ちの方はいませんか?

Search Consoleを使うことでSEO対策をしっかり行うことができます。

pc
pc

Search Consoleとは

Search Consoleとは、Googleが公式に公開しているサイト解析のツールです。

サイト解析と言えば、Google アナリティクスが有名ですが、こちらのツールと併用することによってより効果的な運用ができるようになります。

具体的には、Google アナリティクスはサイトに入ってきた後のデータを見ることができるのに対してサイトに入ってくる前のデータをとることができます。

検索ワードなどのボリュームを調べることで今後の運用に大きく役立ちます。

難しそうと思われるかもしれませんが、このツールはWEBの専門家だけでなく一般の方にも使えるようにされているので、非常にわかりやすく、使いやすいツールとなっています。

Search Consoleの設定方法

Search Consoleの設定方法は非常に簡単です。

まずはGoogleのアカウントを取得しましょう。

そしてSearch Consoleにログインし、自身のWEBサイトのURLを登録し、プロパティの追加をクリックします。

つぎに、自身のWEBサイトのhead内にHTMLタグを埋め込むことでサイトの管理者であることを証明します。

また、Google アナリティクスとの連携もしておけば、90日間を超えてもバックアップをとっておくことができます。

また、アナリティクス側からでもSearch Consoleのデータを取得できるため、連携させることをおすすめします。

虫眼鏡とサラリーマン
虫眼鏡とサラリーマン

Search Consoleで最初にチェックするべき項目

Search Consoleにはとてもたくさんのツールが存在します。

その中でも最初に見ておきたいデータをご紹介します。

まずは「検索アナリティクス」です。

こちらは検索トラフィックから見ることができます。

こちらからは検索ページで実際に表示された回数と、その後にクリックされた回数、また、検索ページでの順位を見ることができます。

特に上の二つは、今後の運用をしていくに当たって、とても重要になってくるので頻繁にチェックするようにしましょう。

次に重要なのがサイトへ貼られている被リンク数を確認することです。

貼られているリンクが多ければ多いほど、SEO的な評価も上がってきます。

また、ただ多ければいいという訳ではなく、リンクが貼られているサイトの評価も大きく関係してきます。

アンカーテキスト(リンクが貼られている見た目の文字列)もGoogleにとってもユーザーにとってもわかりやすいものであることが望ましいです。

まとめ

今回はSearch Consoleの設定方法と最初にチェックするべき項目についてご説明致しました。

ブログの運用は色々なツールを使って分析することで本来の目的を達成することができます。

ぜひこの記事を参考にして見てください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。