Search ConsoleとGoogleアナリティクスの違いと使い分け方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.5.13

Search ConsoleとGoogleアナリティクスの違いと使い分け方法

「サイトのアクセス数を増加させるために現状を知りたい」
「せっかくブログを書いてみたけど、効果が出ているのかわからない…」

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
近年では、新聞やテレビなどのマスメディアの利用時間が減少する一方で、携帯電話やスマートフォンの増加がめざましいです。
ウエブサイトから集客するのが当たり前の時代になりつつあります。
しかし、ブログやサイトも適切な運営をしていかないと中々効果が期待できないののです。
そこで、役立つのがSearch ConsoleとGoogleアナリティクスです。
しかし、Search Consoleでも、Googleアナリストでも一部機能が重複しており、似たようなことができます。
例えば、解析するサイトでよく調べられているキーワードや、どのページがどのようなキーワードで検索されているか、などは2つとも解析することができます。
使い分けに悩まれるのではないでしょうか。
そこで、今回は、Search ConsoleとGoogleアナリティクスの違いと、使い分け方法についてご紹介します。

□Search Console

*Search Consoleとは

Googleがサイトやブログの解析のために無料で提供しているサービスの1つです。
サイトの監視や、分析を行うことで、アクセス数増加につなげることができます。
具体例を一部挙げると

・そのページの検索順位がわかる
・検索結果に出た時のクリック率がわかる
・どのようなキーワードでサイトが検索されているかがわかる

などがあげられます。

*Search Consoleの使い方

Search Consoleの優れた点は、インデックスに関する機能です。
Googleなどの検索エンジンは、クローラーと呼ばれるプログラムがWEBページを巡回しています。
キーワードで検索した時に、検索結果で上の方にサイトを表示するにはこのクローラーにサイトを見つけてもらいよい点を知ってもらうことが重要です。
インデックス(インデックス化などとも呼ばれる)とは、このクローラーがWEBサイトを巡回して、WEBページのデータを検索エンジンデータベースに利用しやすく格納することを言います。
WEBページは公開したからと言ってすぐにクローラーに見つけれもらえるわけではありません。
ですので、サイトを上位表示したいのであればまずクローラーにあなたのサイトを見つけてもらう工夫をしないといけないのです。
その工夫できるのが、Search Consoleなのです。
クローラーにわかりやすいサイトの案内図を渡したり、このインデックス化を早めたりすることが可能です。

□Googleアナリティクス

*Googleアナリティクスとは

こちらもGoogleが提供しているサービスの1つで、解析ツールです。
登録したサイトへやってきたユーザーの行動を分析することで、サイトの改善をサポートします。
解析できる具体例を一部挙げると

・サイトへやってきた人はどのぐらいの人数か
・性別、年齢、属性などどのような人が多くサイトへやってきているのか
・使われたデバイスは何なのか

などがわかります。

*Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスは、サイトへ訪れたユーザーの行動を知ることに優れた機能です。
まず、どのぐらいの人がこのサイトへ訪れたのか、検索エンジンやFacebookなどどこからやってきたのか、サイトのどのページにやってきたのか、そして最終的な目標であるお問い合わせや商品購入へたどり着いたのはどのぐらいの数なのか
といったユーザーのはじめから終わりまでの行動を読み取ることができます。
そのため、どのページに問題があるのか、どこを改善すべきなのかが見えてくるでしょう。
また、Googleアナリティクスはユーザーの行動だけではなく購買意欲の高い人物の年齢・性別・趣味などの属性もわかります。
サイトが注力すべきターゲットも見えてくるはずです。

□まとめ

今回は、Search ConsoleとGoogleアナリティクスの違いと、使い分け方法についてご紹介しました。
Search Consoleはインデックス化、Googleアナリティクスはユーザーの把握に適しているとおわかりいただけたかと思います。
Googleアナリティクスで最適なユーザーへのアプローチを考え、Search Consoleでクローラーにあなたのサイトをアピールして最も熱いユーザーの目にサイトがとまるようにしてみてください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。