専門性は必要、ただし専門用語ばかり使わずユーザーに分かりやすくブログを書こう | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.9

専門性は必要、ただし専門用語ばかり使わずユーザーに分かりやすくブログを書こう

「ブログを始めたいけど、テーマを絞るか複数のテーマかどっちがいいのかな・・・」

「SEO効果において強いのは、雑記ブログより専門的なブログなのかな・・・」

ブログを書いている方にとって、SEOや検索順位は常に気になりますよね。

雑記ブログを書いている方も多いですが、実はSEOを考慮した場合、専門性を高めるのは非常に重要なのをご存知でしたか。

そこで今回は、ブログの専門性と専門用語を使用すべきかどうかについてご紹介します。

ブログの専門性

SEOの視点から考えた場合、ブログの専門性を高めるのは非常に重要です。

Googleがインターネット上のコンテンツを判断する際の基準は2つ存在します。

1つ目は「そのコンテンツが良質であること」、2つ目は「被リンクがあるかどうか」です。

この2つの判断基準のうち、「そのコンテンツが良質であること」に大きくかかわるのは「E-A-T」と呼ばれる指標です。

「E-A-T」は、Googleが提供する検索品質評価ガイドライン内で定義されているWebサイトの評価項目です。

「E-A-T」のEはExpertise、すなわち専門性を、AはAuthoritativeness、権威を、TはTrustWorthiness、信憑性を表しています。

このように、ブログの専門性はGoogleにも評価される項目の1つであり、重要です。

ブログの専門性を高めていくと、特定のテーマに関係するコンテンツが増加し、Googleに専門的なサイトとして評価されやすく、検索順位が上昇します。

雑記ブログに比べ、サイトテーマを1つに絞った特化サイトでは、自然にサイトの専門性が高まりやすいです。

サイト内に存在する全てのコンテンツ同士の関係性が高く、サイト単位で内部リンク構築の促進ができるからです。

結果として、クローラーに1つのサイトとしての専門性を提示できます。

上記は、特化ブログの例ですが、テーマが複数ある場合は、カテゴリごとにテーマを変更して、複数のテーマの専門性を高めていけば良いでしょう。

専門用語を使用するべきか

上記の通り、ブログの専門性は非常に重要であることが分かりましたね。

ここで注意しなければいけないのは、専門性を高めるのは大切ですが、そのブログが誰のためのものかを考える必要があることです。

よくある例として、専門性を高めるために専門用語を多用してしまうことが挙げられます。

この場合、ブログを見に来たユーザーは専門的知識を持っていないことが多く、専門用語を多用する書き手視点のブログは望ましくありません。

したがって、専門用語はほどほどにして、分かりやすい言葉を使用し、ユーザーの悩みを解決することを意識しましょう。

まとめ

今回は、ブログの専門性と専門用語を使用するべきかどうかについてご紹介しました。

ブログの専門性を高めるのはSEOにおいて非常に重要です。

また、専門用語は使いすぎない方が良いことが分かりました。

以上から、ユーザーの分かりやすい言葉を使って、上手く説明している専門的なブログがSEOにおいて非常に効果的ですね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。