ブログ更新代行はサブドメインかサブディレクトリどちらで行うべきか | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.8.27

ブログ更新代行はサブドメインかサブディレクトリどちらで行うべきか

HPに新しくブログ機能を設置する場合、サブドメインかサブディレクトリのどちらに設置するべきなのか?また、サイトの構造上サブドメインでしか設置できない場合もありますが、サブドメインでも問題ないのか?

ブログの更新代行サービスを提供していると、こういったご質問をいただくことも少なくはありません。

誤解を恐れずに結論から申し上げると、どちらに設置しても問題ありません。

ただ、もちろん両者は構造的に違うため、設置されたブログへの影響も変わってきます。
そこで、今回は新しくブログを設置する場所として「サブドメインとサブディレクトリそれぞれを選ぶ場合の違い」「なぜ問題ないのか?」についてお伝えします。

 

サブドメインとサブディレクトリの違い

まずは両者の違いを説明します。

例えば、もともと「reachat.jp」というドメインを利用していて、新しくブログ機能を付け加える場合を考えましょう。
サブドメインとサブディレクトリ、それぞれに設置する場合、ブログページのURLは下記のようになります。

サブドメイン  :blog.reachat.jp
サブディレクトリ:reachat.jp/blog

つまり「ブログをサブドメインに設置する」=「元のドメインとは別のドメインを取得しブログページを割り当てる」ということ。
「サブディレクトリに設置する」=「元のドメインの下層にブログページを割り当てる」ということ。

 

どちらに設置しても問題ない理由

そもそもどちらに設置しても問題ないと言い切った理由は、

  • どちらもGoogleによって同じサイトとして認識される
  • ユーザーには同じサイトのように見える

※参考

 

 

まとめ

通販事業をやられている方、決済システムが入っているECサイトをご利用の方は「サブドメイン vs. サブディレクトリ問題」にでくわすこともあると思います。
両者は構造的な違いから、SEO評価の受け渡しに影響の大小は生まれます。
しかし、Googleのクローラーから同じサイトとして認識され、インデックスもされていくため、問題は無いと言えます。

そもそもブログ更新による集客は中長期的な取り組みです。
短期的な評価の受け渡しより、継続的なユーザー目線の発信に目をやることが大事です。

この記事を書いた人

webプロデューサー梨木 悠介

大阪大学大学院工学研究科卒。 技術のみではなくユーザー目線のweb設計に定評があり、これまでに100サイト以上のweb設計やSEO設計を手掛け、事業の成長に合わせた適切な施策を実施。年商3000万円の企業を1年間で年商2億円まで成長させるなど、成果に直結する提案が強みである。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。