多くの人々が利用するSNS、Twitterの運用で成果を出すには | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.8

多くの人々が利用するSNS、Twitterの運用で成果を出すには

近年、世界中でインターネットが普及し、インターネットを利用する人々の数はこれからもますます多くなっていくことでしょう。

その影響はSNSというツールに大きな影響をもたらしています。

SNSの利用率はますます伸びており、これからも伸びていくことでしょう。

このSNSを利用して集客をしたり、商品やサービスの広告をしようと考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではそのようなSNSの中でも高い人気を誇っているTwitterの効果的な運用の仕方を紹介していくことにしましょう。

ターゲットを決める

ターゲット決定

まずはアカウントを作った段階で、自分が発信したい情報と世の中の人々にとって役に立ちそうな情報とが重なる部分について考えます。

そうしてどういったところを狙えばいいかがわかったところで、ターゲットを決めてしまいましょう。

また、この際には自分が発信したい情報であっても、その中で他人とは差別化できるような情報に絞ることが大切です。

こうして決めたターゲットが求める情報についてのみ、せいいっぱい考えるのです。

こうすることによって、ターゲット以外のことは考える必要がなくなり、ターゲットの求める情報に対して多くの時間をかけて考えることができるため、ターゲットに対してはより質の高い情報を提供することが可能となるです。

つまり、Twitter運用を始める前の戦略立てが大切になるのです。

ターゲットに合わせてプロフィールページを作る

ツイートを見ていいなと思ってくれたとしても、結局フォローするかどうかを決めるのは、プロフィールページを見てからになります。

つまり、フォロワー数を増やすためには、ターゲットにとって惹かれるプロフィールでないといけないのです。

ですから、プロフィールはターゲットに合わせて、ターゲットが共通点を多く感じたり、親しみを持てるようなものにしましょう。

毎日発信する

毎日運用

当たり前のようなことですが。意外と見落とされがちなのが「毎日発信する」です。

毎日投稿を行うことによって、Twitterのユーザーは親しみを持ってくれます。

このことはテレビのコマーシャルのようなものと同じです。

頻繁に目にするコマーシャルってよく頭に残って、親しみを覚えますよね。

そのことをTwitterでも活用することが大切なのです。

最後に

以上のように、Twitterの効果的な運用の仕方について解説してきました。

Twitter運用に興味がある方などがおられましたら、ぜひ参考にしていただき、効果的Twitter運用に役立てていただきです。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。