HPデザインをシンプルにしたい!そのコツをまとめました | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.28

HPデザインをシンプルにしたい!そのコツをまとめました

「どうしてもホームページがごちゃごちゃしてしまって分かりづらい」

こんなお悩みをお持ちの方はおられませんか?

実は、デザインをシンプルにすることってとても難しいのです。

今日は、シンプルなデザインのホームページを作るためのコツをお伝えしたいと思います。

シンプルなデザインが難しい理由

デザインの世界ではシンプルな方がいいとよく言いますが、実はシンプルなデザインほど難しくなります。

世の中にはプロのデザイナーが作ったシンプルなデザインが当たり前のように溢れていますが、そのデザインは複雑なものを作るよりも長い時間考えて作られている可能性が高いです。

その理由は、本当に大事なエッセンスを絞り込むという作業が、伝えたいことの本質を理解していないとできないからです。

例えるならば、10分のスピーチを1分にまとめなければいけない状況です。

また、シンプルであればあるほどミクロの世界の微調整が必要になります。

何個もあるうちの一つであれば、それが良くない出来でもあまり目立ちせん。

しかし、要素がそれひとつしかない場合はその要素が100%完璧でなければどこか違和感を覚えてしまいます。

つまり、シンプルなデザインほど高い技術力が必要とあれているのです。

 

 

シンプルなデザインにするためのコツ

そんな難しいシンプルなデザインも、コツを抑えれば比較的簡単に作ることができます。

「良くする」ために削る

最終的に一番伝えたいことを決めて、それ例外の要素はできるだけ省きます。

しかし、その時に気をつけたいことが、マイナスするという見方ではなく、プラスにするために削ることです。

デザインは空気

いいデザインは、評価されません。

人は、いらいらしたりするとマイナスの評価をしますが、使いやすい、見やすいなどのプラスの事に気が付く人はあまりいません。

無理に主張せず、空気のようにあって当たり前、くらいの立ち位置を目指しましょう。

すべての要素に価値がある

シンプルなデザインにおいては、配置した全てのデザインに価値があります。

ちゃんと意味を説明できるようにしておきましょう。

流行を追わない

トレンドはいつか時代遅れになります。

シンプルなデザインのメリットの一つに普遍性があり、これを失ってしまうことになりあます。

機能性を追求すれば自然とシンプルになり、自然と長年使えるものになっているはずです。

アートの要素を省く

デザインは問題解決の設計であり、芸術の要素は必要ありません。

情報を伝えるという役割以上の飾りは無駄と考えてよいでしょう。

時間をかける

これは、考える時間のことです。

最終的にそのデザインにたどり着く前に、いくつもの選択肢から、最善の方法を選ぶまでの道のりは遠いです。

このことを念頭に置くようにすれば、途中で手を抜くこともないでしょう。

 

時間がかかる

 

まとめ

今回はシンプルなデザインを作る方法をまとめました。

是非この記事を参考にしてホームページを作ってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。