HPデザインを依頼することをお考えの方必見!選び方や注意事項、考えてみませんか | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.7

HPデザインを依頼することをお考えの方必見!選び方や注意事項、考えてみませんか

初めてのHPの制作依頼、はたまた、心機一転今運用しているHPを一掃しようとお考えの方いらっしゃいませんか。
同じコストをかけても、依頼先を間違えてしまっては、求めていた成果を十分に得られない可能性があります。

今回は、どのような依頼先があるのか、選ぶ際の注意事項などをご紹介します。

依頼先の候補

自作という選択がなくなったのであれば、HPデザインの依頼先候補は制作会社かフリーランスに大別できます。

制作会社はチームとして進め、フリーランスは個人的なやり取りが主になりますが、それぞれにメリット・デメリットは存在します。

制作会社は、チームで各担当が存在しそれぞれのエキスパートが作業してくれるため、技術力が担保されています。

その一方で、思い描くデザインが共有しづらくなってしまい、意思疎通が難しくなる可能性があるというのがデメリットです。

 

フリーランスは、制作会社とは反対に、自分の意思をきちんと伝えることができ、理想的な仕上がりに近づけるための意思疎通が容易になります。

一方で、人間なので少なからずの得手不得手があります。

そのため、総合的な高い技術力を求めづらい可能性があるといことがデメリットです。

また、オーダーメイドのHPデザインをお考えの方は対応が可能かどうかも確認しておきましょう。

 

 

注意点

HPデザインを依頼する際に注意してほしいことを2点あげます。

第一に、HPデザインに要するコストは制作費だけではないということです。

サイトの運用には、制作だけでなく維持運用にもコストが生じます。

また、情報変更や作動状態の不具合に伴い修正にかかる費用も発生します。

請求額の齟齬によるトラブルは頻発しているため、制作費以外の費用もあらかじめ確認をとっておくとよいでしょう。

第二に、依頼先が納品後にサポートしてくれるかどうかです。

メールのみか電話も対応してくれるのか、対応してくれる時間帯や、サポートに割くことができる人員の有無など、確認しておくとよいでしょう。

対応の手厚さに関しては、依頼側のスキルにもよるので、線引きが大切です。

インターネット上の情報は、公開されるとともにとめどなく人の目にされされ続けます。

緊急時にどれほど対応してもらえるか、安心できる依頼先を検討することが賢明といえます。

HPデザインは、ユーザー獲得に大きな影響をもたらします。

せっかく外部に依頼するのであれば、満足のいくHPデザインに仕上げたいですよね。

そのためにも、信頼できる依頼先を探してみてはいかがでしょうか。

 

約束

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。