シンプルなHPデザインがおすすめの理由とは?! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.26

シンプルなHPデザインがおすすめの理由とは?!

「ホームページを作りたい!でも、いいホームページとは?」

こんな疑問をお持ちの方はおられませんか。

実は、ホームページのデザインは、シンプルであればあるほど、いいデザインである可能性が高いです。

「でも、たくさん載せたい情報があるのにそれは無理だよ。」

という方のために、シンプルなホームページがおすすめな理由をお伝えしたいと思います。

シンプルなデザインがいい理由

Less is More

これは、デザイン業界で昔からずっと使われている表現です。

どういう意味かというと、デザインはシンプルな方が成果を得られる、ということ。

「シンプルなデザインなんて誰でも作れるだろう」

と考えるのは早いかもしれません。

足し算よりずっと難しいのが引き算です。

トップデザイナーのデザインのほとんどがシンプルで研ぎ澄まされたものあることも事実です。

これはwebデザインに限らず、全てのデザインに当てはまります。

なぜデザインはシンプルなものがいいのでしょうか。

 

 

シンプルなデザインのメリット

情報伝達がしやすい

無駄な情報が多いと、頭の中はより複雑な情報を処理しなければいけないため、肝心の情報がきちんと入ってきません。

また、脳科学によると、人間の記憶に残るのは表示要素の20%程度だと言われています。

UIの観点で見ても、無駄な選択肢が沢山あるのと、本当に購入してほしいものをひとつ表示するのでは後者のほうが購入率を上げるという実証が得られています。

 

コスト削減

 

コスト削減

 

デザイナーにとってはデザインに対するビジネス的結果が重要です。

すなわちコストを削減することも要因としては重要です。

例えば製品であれば、工程、パーツが少なければその分コストは浮きます。

Webページであれば、コードがシンプルであればページを早く読み込むことができ、ユーザーの時間を無駄に浪費せず、迷わせないことで意思決定をさせやすくします。

グラフィックデザインではインクの節約になります。

普遍的な存在

例えば会社のロゴの場合、凝ったものは時に流行が廃れるとともにデザインも時代遅れになってしまうことがあります。

しかし、基本に忠実な無駄のないデザインだと何年経っても「いいデザイン」と認められつづけることになります。

壊れにくい

複雑なものは、ぎりぎりのバランスでその形を保っていることが多いです。

シンプルなデザインだと、壊れにくいというメリットがあります。

UIは要素が少ないほうがバグを起こしにくいですし、文章は短い方がスペルミスが起きにくいです。

ヒットしやすい

ヒットしている製品を思い浮かべてみてください。

ほとんどの製品が、目的以外の要素を極限まで排除したものだと思います。

まとめ

今回はシンプルなデザインがおすすめの理由についてお話させていただきました。

是非、webデザインに限らず、様々な場面でシンプルであることを意識してみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。