HPデザインの基本とは?!初心者必見! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.30

HPデザインの基本とは?!初心者必見!

「ホームページを作ってみたい!」

このように考えて勉強を始めた方も、まだ始めていない方も、デザインの基本に立ち返って考えてみませんか?

今日は、初心者の方から初心に立ち返りたい方まで、全てのデザイン関係者に読んでほしいデザインの基本についてまとめてみました。

 

webデザイン

 

デザインの4原則

デザインには4つの原則があります。

・近接

・整列

・反復

・コントラスト

です。

何も知らない、分からないという状態でも、これらを忠実に守ることで、情報が伝わりやすい、見やすいデザインになります。

注意してほしいのは、「忠実に」守ることです。

例えば整列の場合は見えない線を引かれているかのようにぴったり整列させる、反復の場合全く同じ要素を使う、コントラストの場合思い切り強弱をつけるなど、意外とこれらを守ることが大変なので、手を抜かないことが大切です。

視覚階層

Webデザインでは、要素の重要度に明確な差があります。

視覚階層とは、その要素について何も知識がなくても、重要度について認識できる状態のことです。

この階層は色、大きさ、位置など様々な観点から作り出すことができます。

要素の重要度は、サイトの目的に応じて異なり、例えばレストランのサイトの場合、伝えたいのは「美味しさ」であるので、サイト一面の写真が有効であったりします。

どうでもいい情報は思い切って捨ててしまう、できるだけ目立たなくするなど意識的に行いましょう。

黄金律

「見た目」も、ホームページの出来を左右する要素のひとつです。

見た目を美しくする手っ取り早い方法は、黄金律を利用することです。

これは、古代から建築家や画家も利用している比率で、サイトのレイアウトやフォントなど様々なところに利用することができます。

選択肢を減らす

実は、選択肢が増えれば増えるほど、何も選択しないという確率が高くなります。

選ぶ時間が増えることはデメリットしかありません。

ユーザー目線で使いにくくなってしまうので、もしも製品の販売を行っているのであれば、直感的に買い物ができるような仕組みを採用するべきです。

三分割法

デザインに画像を使う方法はとても効果的です。

非言語情報で視覚的な情報は言語情報よりもはるかに早く正確なイメージを伝えることができます。

そして、いい画像は「三分割法」を利用しています。

これは、二本の横線と縦線でスペースを九つの大きさに区切り、重要な部分を線の上、若しくは線と線の交差する点の上に置く方法です。

 

 

人の視線を集めるためにはこういったところにまで気を配る必要があるのですね。

まとめ

今日はデザインの基本についてお話させていただきました。

これらの基本を踏まえた上で、更に応用の知識を加えたら素晴らしいホームページが作成できるはずです。

是非この記事を参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。