ユーザーの目を引く良いHPデザインとは?その特徴をまとめてご紹介します | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.3

ユーザーの目を引く良いHPデザインとは?その特徴をまとめてご紹介します

HPは、自社への表玄関や看板のような役割であり、ユーザーのファーストインプレッションに与える影響は大きいですよね。

いかに自社の伝えたいことや世界観が伝えられ、かつ視覚的に目を引くことができるかが大切です。
そこで、今回はユーザーの目を引く良いHPデザインの特徴を5つご紹介します。

 

写真で勝負する

写真

トップページに多くの情報量が溢れているHPデザインが多い中、余白を活かした綺麗なレイアウトで、自社独自の世界観を写真で伝えるようなデザインは、ユーザーの目を引くことができます。

この方法を強みにできるのは、リゾート地や観光地に限らず、旅行会社や飲食店まで幅広い業種にわたります。

色を混ぜすぎない

会社のロゴマークの色や、コンセプトに近い色味のみを主張させ、色を整理することが大切です。

テキストの色に関しては、主張したい言葉に目が行くようにさせるには、ほかの色を落ち着かせることで効果が期待できます。

適切な情報量を提供する

情報量

クリエイティブなキャッチコピーは、HPデザインの完成度を高める重要なコンテンツです。
しかし、キャチコピーが埋もれてしまうほどに詳細を長々と表記してしまっては、印象が薄れてしまいかねません。

また、ほとんどのユーザーはHPを見るためだけに訪問した人ではありません。

そのような人に詳しい情報や、求めていない情報を提供したところで、キャッチコピーにすら気づいてもらえない可能性もあります。

ユーザーの心をひとめで掴めるようなキャッチコピーのみを大胆に用いて、メインビジュアルに力を入れることで、情報を深堀りしてもらうことに繋げてみてはいかがでしょうか。

マウスオンしたときの動作が細かく作りこまれている

先述したように、シンプルに作りこんだデザインだからこそ、マウスオンしたときのHPデザインの動きが目を引きます。

写真の切り替わり方や、ページ移動の際の効果、スクロール時の文字の表示させ方など、シンプルさの中に洗練されたデザイン性を持たせることで、もっとHPを見てみたいと思わせることで、よりたくさんの情報を提供することができる可能性が広がります。

現代は、コンテンツマーケティングという、価値ある情報を提供することで顧客を買う得する手法がメインとなってきています。情報が溢れかえっている今だからこそ、シンプルで洗練されたデザインで、押し付けがましくないHPが求められるのではないでしょうか。

情報を事細かに示すのではなく、伝えたいこと、印象付けたいことに絞り込んで、ユーザーの心を掴めるようなHPデザインを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。