【WEBデザイン】これを読めば大丈夫!見やすいHPの作り方とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.10

【WEBデザイン】これを読めば大丈夫!見やすいHPの作り方とは

見やすいHPと見にくいHPでぱっとみただけで分かりますよね。
では一体何の差があるのでしょうか。
見やすいHPには必ず共通した見やすくするためのポイントがあります。
そのポイントを押さえることで誰でも見やすいHPを作成することができるのです。
そこで今回は、見やすいHPにするために押さえるべきポイントをご紹介します。

色は3色以上使わない

色が脳に与えるイメージはその色によって変わります。
どのようなHPにしたいか、誰に見てもらいたいかによって配色は全然変わってきます。
HPデザインの場合、3色以上使用することはおすすめしません。
特に原色を使いすぎないようにしましょう。
3色以上の色が一度に目に入ると、どうしてもごちゃごちゃした印象になり、統一感が失われてしまいます。
シンプルな配色を意識しましょう。

色

視線の流れを意識する

代表的な人の視線移動に、「Zの法則」と「Fの法則」があります。
「Zの法則」とは、対象の左上を起点に、右上→左下→右下へと流れる視線の動きです。
「Fの法則」とは、対象の左上を起点に、左から右へを繰り返しながら上から下に流れる視線の動きです。
この2つの法則を意識してHPをデザインすると、見やすいHPにすることができます。

視線

余白と文字の使い方のテクニック

メリハリをつけることはとても重要です。
これは余白と文字を工夫することで表現できます。
余白をうまく使うことで、すっきりとした見やすいHPにすることができます。
また、文字のフォント書体はたくさん種類があり、様々な見せ方があります。
いくつかのフォント書体を使うことやサイズを調整することが重要なポイントです。
そのたくさんあるフォントの中で、HPのコンセプトに合ったものを選びましょう。
そしていくつかのフォントを組合すことでメリハリをつけることができ、見ていて飽きないデザインを作ることができます。

そしてサイズ調整もメリハリを出すために大切なポイントです。
一番重要なところを一番大きいフォントにして目立たせましょう。
重要度に合わせてフォントのサイズを調整すると良いですね。

さいごに

HPデザインはコツを掴むことでどんどん腕をあげることができます。
まずは、他の自分が良いと思えるHPを参考にしながらでも取り組んでみることが大切です。
そこに独自の工夫や個性をプラスして魅力的なHPを作成しましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。