ツイッターを使ったブログ集客の5つのコツ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.9

ツイッターを使ったブログ集客の5つのコツ

ブログの集客はSEO対策だけではなくSNSからの流入も有効です。

その中でもツイッターは日本中の多くの人が使うSNSアプリです。

どうやってツイッターから流入させたら良いかわからない、ツイッターの正しい利用方法がわからない人のためにツイッターを使った集客に関する5つのコツを紹介します。

□アカウントとブログを紐付ける

これは当たり前ですが、ツイッターの運営はブログ集客が目的なのでブログのリンクを貼り付ける必要があります。

まずプロフィール欄に自分が運営するブログのタイトルとトップページのリンクを貼ることで、プロフィール欄を見た人がブログを訪問するかもしれません。

また記事を更新する度にツイートに記事のリンクも必ず貼ってください。

貼る際、写真や画像も付け加えてツイートするとタイムライン上で目に留まりやすくなります。

□ブログ仲間同士でフォロワーを増やそう

いきなりブログを読んで欲しい対象とするアカウントからフォローされることはありません。

フォロワーが少ない内はブログ仲間でフォローし合ってフォロワーを増やしてください。

コツはハッシュタグの後に「ブログ仲間」などを入力して検索することです。
そして手当たり次第フォローしていきます。

記事更新のツイートや役に立つツイートをすると、たまにブログ仲間がいいねやリツイートをしてくれて多くの人に見てもらえます。

□役に立つ情報をどんどんツイートしよう

自分のブログの事ばかりツイートして宣伝されても、いいねやリツイートはもらえないです。

例えば、健康に関するブログを運営しているのなら、健康に関する短文のツイートをたくさんする事で役に立つ情報を提供してくれるアカウントだと評価してくれるようになります。

□何回もツイートしよう

ツイッターのタイムラインにはたくさんのツイートが流れます。
見てもらえるツイートよりも見てもらえないツイートの方が多いです。

したがって1日数回だけツイートするのでは自分のアカウントの存在感が無くなります。

頑張って1日10回~20回ほどツイートをする事を心がけてください。

そうする事でフォロワーはあなたのアカウントをしっかり認知するようになります。

□できるだけ印象に残るツイートをしよう

見る側の興味をひく、印象に残るツイートをするテクニックもあります。

まずはツイートの大きさです。
140字までギリギリ文章を書く事で1ツイートのスペースが大きくなり、目に届きやすくなります。

また詰めて書くよりは改行を積極的に使ってください。
意味のかたまりごとに改行することで読んでもらえる確率は高まります。

□まとめ

ここまで5つのツイッターでのブログ集客のコツを紹介しました。
これらは今すぐ簡単に実践できることです。

1つ1つは小さなコツでも積み重なれば大きな効果をもたらすのでぜひ全部実践してください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。