記事の中身が大事!ブログ集客のための3つの文章術 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.11

記事の中身が大事!ブログ集客のための3つの文章術

ブログ集客をする際、よく意識されるのは「記事のタイトル」や「キーワード選定」です。

ついつい続きを知りたくなるようなタイトルを考えたり、上位表示されるためにキーワードを文章に散りばめることはとても大事です。

しかしブログ記事のメインは中身の文章です。
この中身の文章のクオリティをいかに上げることは必要不可欠です。

皆さんが見落としがちな記事の中身を改善する文章術を紹介します。

□気持ち良く読まれることを意識する

文章術の目的は「自分の伝えたいことを読者に気持ち良く読んでもらうこと」です。

自分が書きたいように書き殴ってはいけません。
伝わらなければ意味がないのです。

では気持ち良く読んでもらうには具体的にどうすればいいでしょうか?

ここで文章に関する3つのテクニックがあるのでそれぞれ紹介します。

*文章は1文1義で書く

1文の中では伝えたいことは1つだけ書いてください。

1文の中に2つ、3つと伝えたいことを盛り込むと結局何が言いたいのかわからなくなります。

あまり意識をしないとダラダラとした長文になってしまいます。
短文で良いのでスパッと区切ってください。

リズムの良さは文章には必要です。
1文1義を意識するとリズムが良くなり、読みやすくなるメリットがあります。

*意味のまとまりごとに改行を加える

改行の使い方がわからない人がいると思います。

基本的に改行は意味のまとまりごとに区切るために使います。
違う話に切り替わったら改行を使ってください。

また改行をしすぎるのは良くないです。
空白部分が多くなると文章の構成がわかりにくくなるからです。

逆に改行をせず文章が詰め詰めになるのも危険です。
字が密集すると読者は読む気持ちが削がれます。

*文字数が多いから良い訳ではない

文字数が多ければ多いほど良い記事であるという訳ではありません。

文字数が多くても無駄な文章が多ければ、読者はつまらない記事だと思うはずです。
むしろ文字数が多すぎない方が読者には手軽に読めると思ってもらえます。

記事は本当に必要な情報だけ書かれていれば良いのです。

したがって記事を作成したら公開する前に無駄な文章がないかをチェックしてください。
もしあればその文章を削った方が良いです。

せっかく書いた文章を削るのは心苦しいですが、濃い記事を作るためには必要なことです。
無駄を削る勇気を持ってください。

□まとめ

3つの文章術「1文1義で書く」「改行の使い方」「無駄を削る」を紹介しました。

まずこの3つだけでも実践すれば、スッキリとした文章となり読者に気持ち良く読んでもらえます。

文章術はまだまだたくさんのテクニックがあります。
さらにブログ集客を活性化したいのであれば色々調べてみると良いでしょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。