ブログ集客が上手くいくコンテンツの考え方と作り方 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.12

ブログ集客が上手くいくコンテンツの考え方と作り方

全然検索順位が上がらない、SNSでもシェアされなくて悩んでいませんか?

いくら記事の内容が良いものでも、読んでもらえなければ意味がありません。

ブログを書く人は年々増えています。
たくさんある記事の中から目を引くコンテンツの作る方法を提案します。

□ほとんどの中身は読まれない

悲しい事実ですが自分が書いたブログを、一部の人は読んでくれてもほとんどの人は読みません。

なぜなら全ての記事を読む時間なんて無いからです。

これは本屋でも同じです。
何か良い本があるか探すとき、全ての本を片っ端から読んでいては日が暮れます。

良い本を選ぶときは大体表紙を見て買うかどうか決めます。
中身を見るとしても、パラパラと流し読みする程度です。

つまり表紙次第で買われるか決まるという事です。

本の表紙はタイトルとデザインの2つの要素があり、我々はタイトルとデザインに惹かれて本を買うことが多いです。

これをブログでも応用してください。

□読まれるかどうかはタイトル次第

どんなに本文が良い記事でも、タイトルがありきたりで魅力的でなければ、そもそも読んでもらえません。

これはすごくもったいないです。

タイトルは記事の続きを読みたくなるように設定してください。

読み手の心理を探るのです。
読み手は信頼できる情報を探しているので、肩書きや実績を表記して権威を見せるのは有効な手です。

また読み手は不安や恐怖感を訴えられると気になって続きを読みたくなります。

このように読み手の心理を上手く利用してください。

他にも「〇〇の3つのテクニック」のように具体的な数字を入れると、読者が記事の内容を推測する手助けになります。

逆に言えば本文と関連性の無いようなタイトルを設定しないようにしてください。

□アイキャッチ画像で魅力的な記事にする

我々が本の表紙だけを見て購入するのと同様に、アイキャッチ画像を設定するだけで一気に読んでもらえる可能性は高まります。

特にSNSでアイキャッチ画像と共に記事の宣伝をすると見てもらいやすくなります。

またアイキャッチ画像を充実させるとブログ全体のデザインに彩りが生まれ、良質なブログと評価されます。
アイキャッチ画像は料理の最後の味付けのようなものです。

記事の内容には直接関与しませんが、記事の質をグッと高めるのでアイキャッチ画像を設定することをおすすめします。

□まとめ

本の出版社は多くの人に購入してもらうべく、特にタイトルや表紙のデザインに力を入れています。
ブログ記事にもこれを適用してください。

タイトルとアイキャッチ画像の2点に力を入れて魅力的なコンテンツを作れば、きっとブログ集客は上手くいくでしょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。