Facebookで有効なSNS運用を行う方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.20

Facebookで有効なSNS運用を行う方法

近年顧客とのタッチポイントを増やすという意味でマーケティング目的のSNS運用が流行っています。

実際に企業のブランディングや告知にとても有効な手段で、様々な業界、企業がこのSNS運用を取り入れています。

今回はFacebookを用いたSNS運用のコツについてご紹介します。

facebook

投稿の方向性を定める

Facebookに投稿する上ではじめにしなければいけないのが、この方向性決めです。

目的をはっきりさせることで一貫性のあるマーケティング戦略を立てることができます。

SNS運用の目的は「商品・サービスあるいは企業そのもののブランディング」「新商品・新サービスの告知」などがあります。

自社ではどのような目的を持ってSNSを運用するのか、その中でもFacebookではどのようなコンテンツを発信するのかを定めておくことが重要です。

Facebookの特性を活かす

システムの特性

Facebookの場合ユーザーのコメントとともに情報が拡がるため、リアクションが取りやすい情報を発信するといった工夫が求められます。

投稿が流れるタイムラインは、Facebook独自のアルゴリズムに基づいた順序で構築されています。

具体的にはリーチ率というものが重要な指標となっています。

このリーチ率を上げるためには、ターゲットユーザーの属性をしっかりと理解し、どのような情報が求められているかを分析する必要があります。

ユーザーの特性

特に日本におけるFacebookは、他のSNSと比べて比較的ユーザーの年齢層が高くなっています。

したがって、コンテンツの内容も若者向けよりどちらかといえば30代から50代を中心としたターゲティングが効果的となる可能性があります。

ただしこれはコンテンツの内容により異なりますので、十分に考慮した上での発信が大切です。

Facebookの機能を十分に活用する

いいね!の種類

リーチを促す上でいいね!を増やすことが重要です。

いいね!ボタンにも種類があり、長押しすると笑顔マークや泣きマーク、驚きマークなどのアイコンができます。

それらをユーザーが使い分けられるような内容を考えることで、リーチの向上につながります。

いいね

投稿をトップに固定

重要な情報の場合、自社アカウントのページトップに固定で投稿をピン留めすることができます。

あくまで自社ページに来てもらう必要がありますが、一つの情報をより目立たせる上で有効な手段です。

まとめ

以上、Facebookを用いたSNS運用のコツについてご紹介しました。

有効に使用すれば大きなマーケティング効果期待できるプラットフォームなので、上記を参考に効果的なページ作りを行ってください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。