SNS運用をLINEで成功させる秘訣とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.23

SNS運用をLINEで成功させる秘訣とは

<img src=”success.jpg” alt=”成功” />

スマホを使っている日本人の8割強が利用しているメッセージサービス『LINE』。

そんなLINEを運用して効果的なマーケティング活動を行えば、多くのユーザーに情報を届けることができます。

またLINEはLINE@という、企業とユーザーをつなぐ公式サービスを提供しています。

それを利用することがマーケティングの近道となります。

今回は、そのようなLINEを通じたSNS運用の秘訣をご紹介します。

<img src=”how to.jpg” alt=”方法” />

タイムラインの活用

LINEでは友達になっているアカウントの投稿が表示されるタイムラインがあります。

このタイムラインを利用し自社商品・サービスの宣伝、キャンペーンの告知といった広報活動が可能です。

友達登録しているアカウント全てに情報を届けることができるため、多くのユーザーにリーチすることが可能です。

いいねやコメントを残す機能があるため、クイズやアンケートなどの市場調査に使用することも可能です。

メッセージの活用

LINEメッセージは友人や知り合い、家族とのコミュニケーションの場面で多く使われています。

その特性を利用して、ユーザーにメッセージで情報を送ることで、同じ目線であるいは友達目線で親近感のある印象を与えることができます。

URLを送信し、他の自社ページに誘導することも可能で、幅広いマーケティング活動に利用されています。

ただし、あまりに頻繁にメッセージを送信すると、ユーザーは面倒臭く感じブロック機能を通じてメッセージを遮断してしまう恐れがあります。

それを防ぐためにも有益な情報を適度に送信することが大切です。

友達を増やす

クーポンの配信

上記のような取り組みを行う上で前提として「友達を増やす」という作業が必要となります。

友達を増やす上で効果的な施策としてクーポンの配信が挙げられます。

紙のクーポンとは違いLINE上のクーポンはなくすことがなく利便性がとても高いです。

クーポン配信と引き換えに友達になることで、商品・サービスの認知度向上とともに、今後のユーザーとのタッチポイントの確保につながります。

キャンペーン

プレゼント企画などで友達登録を増やす事例が多く見られます。

これもクーポンと同様、キャンペーンに応募するのと引き換えに友達登録をしてもらうという方法で、多くのユーザーにリーチすることができます。

まとめ

以上、LINEでのSNS運用を成功させる秘訣をいくかご紹介しました。

国内のユーザー数が圧倒的に多いLINEでマーケティングが成功した場合、非常にポジティブで大きな効果を得ることができます。

上記の手法を参考に運用をしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。