ホームページデザインにおける文字と色について | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.26

ホームページデザインにおける文字と色について

ホームページにこだわっていますか?
個人でブログやサイトを運営している人、会社のホームページがある方など様々居られると思います。
近年、インターネットとそれを使うためのパソコンやスマートフォンの急速な普及により、生活に身近な存在となったインターネットです。
その中にあるウェブサイトの存在価値は大きくなり続けています。

しかし、ウェブサイトやホームページを持っているだけでは効果は薄いです。
そのサイトをいかに探してもらい、中身を読んでもらうかが大切になってきます。
今日は中身を読んでもらうためのホームページのデザインついて紹介します。

文字の使い方

まずは文字について紹介します。
文字はヒトに表現するときに使うものです。

しかし、単に文字と言っても様々な文字が存在します。
英語や日本語など言語の違いもありますが、ホームページのデザインにおける文字にはその他にも多くの違いがあります。

例えば、字体です。
字体は文字の書き方を変えるものです。たとえ文字の意味が同じでも、字体によって見てくれるに与える印象は大きく変わります。

また、文字の大きさも印象に大きく関わってきます。
文字が小さいものと大きな文字が並んでいる状況を想像してみてください。
文字が大きな方が目立ちますし、先に目が行きますよね。
このように文字の大きさも見てくれる人への印象を大きく変えるのでこだわりが必要です。

これに加えてさらに文字の読み方にも注目する必要があります。
ヒトは文字を左上から右下へ読む習慣があります。
普段、文字を読むときもそのように読んでいませんか?
この習慣を利用して左上に重要な情報を置くことで最も伝えたい情報を伝えることができます。

言葉

色の使い方

次に色の使い方について紹介します。
色はただ単に色があるだけではなくヒトの中でイメージを生みます。

例えば、緑色は自然のイメージ、赤は暖かいイメージなどです。
これらの色のイメージを利用することでホームページ自体のイメージを整えていきます。
ここで多くのイメージを混ぜ合わせすぎると、イメージがはっきりしません。
イメージが曖昧だと、見てくれる人にどのイメージを伝えたいか分からないので見にくいホームページとなってしまいます。

文字と色を組み合わせることも可能です。
赤い文字で「火」と書いてあるのと青い文字で「火」とあるのではどちらがイメージに近いでしょうか?
おそらく、赤い文字だと思います。
このように文字の意味と色を組み合わせることでより強いイメージを思い起こさせることができます。

色

まとめ

今回は文字について、色について紹介しました。
文字と色だけでもこだわると様々なところにこだわることができます。
本来のホームページにはこのほかにもこだわるべきところがあります。
1つ1つ確実に作りこむことでよいホームページを作ることができます。
大変な作業とは思いますが、行ってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。