ホームページデザインは難しい? デザインを上達させる方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.27

ホームページデザインは難しい?デザインを上達させる方法

ホームページのデザインが上手くなりたいけどどのようにすればいいのか分からない。
上手いホームページを作りたい。
このように思われたことはありませんか?

ホームページにとってデザインは大変重要な要素です。
しかし、デザインにはセンスが必要、学ぶためには多額のお金が必要と思っている方が多く居られます。
そこで今日は自分でできるホームページデザインを上達させる方法を紹介します。

作り方を覚える

まずはホームページをデザインするときの流れを考えます。

何も考えない人は思いついた順番にデザインをし、その順番で並べます。しかし、この方法だとその人の思い付きで情報を並べてしまうので何が重要なのかわからなくなります。

そこでまずは、ホームページに必要な情報を集めます。
その後、それらの情報を伝えたい順番に並べます。

その順番に沿って、初めのページから細部のページまで情報を当てはめていきます。
この作業の後に、デザインをどのように施すかを考えます。

デザインの手順

上手い人のデザインを見る

デザインを施す前に行うと良いことについて紹介しました。
次は、どのようにすればデザインが上手くなるのかを紹介します。

デザインが上手くなるには、まずは上手い人のデザインを見て学びます。
一目ホームページを見るとどこにどのような工夫が施されているかが分かるようになるのが目標です。

具体的にどこを見ればいいのかを紹介します。

配色

まずは、色の使いかたです。
色を何色使っているのか、何色を何色と共に使っているのかなどを見ていきます。
色を判別することは一見簡単に聞こえますが、デザインにおける色はとても繊細で、見ただけでははっきりとした違いがなくとも数値では違いがある場合もあります。

それを見ただけでだいたいどの色か分かるようになると、上手い人がどのように色を使い分けているかが分かります。

配置

次に配置についてです。
ホームページを作る上で、やみくもに情報を並べるだけでは見えやすくはありません。

どこにどのくらいの情報を置くのかが重要です。
上手い人のホームページを見るときにスペースがどこにあるのか、どのくらいあるのかなどを考えながら見てみてください。

フォント

字にも種類があります。
それがフォントです。馴染みのあるゴシック体や明朝体などはご存知かもしれません。
しかし、それらにも細かい種類があります。

そこでまずは、ゴシック体なのか明朝体なのかなどの大まかなくくりで判別できるようにします。
そこからさらに成長すると、ゴシック体のどの種類かが分かるようになってきます。

フォントを選ぶ

まとめ

デザインを行うのにセンスがない。
勉強するにも何をして良いか分からず難しい。

このような声はよく聞きます。

身の回りには優れたデザイナーが作った作品がたくさんあります。
それらを見ること、そして見てから実践することで成長することができるので行ってみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。