伝えたいことを考えて作るホームページデザインについて | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.30

伝えたいことを考えて作るホームページデザインについて

ホームページを新たに作ろうと思っていませんか?

近年、インターネットを使ったビジネスや発信が流行となっています。
周りが行っている中、流行に乗り遅れてしまうのは良くないと考えてホームページを作ろうとしている方がよく居られます。

しかし、ホームページはやみくもに作ろうとしても作れません。
また、作れたとしても効果は高くなりません。

そこで今日は効果が出やすいホームページのデザインの方法を紹介します。

デザイン

載せたいものを考える

ホームページを作り出す前にそのホームページに載せたい情報について考えます。

ホームページは情報を集めた場所でしかないので、載せたい情報がなければ真っ白な何もないページとなってしまいます。

そのために載せたい情報を考えます。
上手く思いつかない場合はホームページを作る理由を考えてみてください。

例えば、宣伝、・広告のためにホームページを作るのであれば何を宣伝するのかを考えます。
その後、宣伝したいものについて情報を考えます。
このように目的から始めることで、情報が思いつきやすいです。

優先順位を決める

次に行うのは、考えた情報の中からどの情報を優先的に伝えたいかを考えていきます。
この作業を行うことでホームページを見る人に伝えたいことがはっきりし、分かりやすいホームページを作ることができます。

字体、文字の大きさ、色が全て同じものでかかれた新聞を想像してみてください。
どの情報が見出しなのか、重要なのかが分かりません。

これと同じことがホームページでも起こってしまいます。
そこで情報に優先順位をつけます。これにより、伝わりやすいホームページを作ることができます。

イメージを決める

最後にホームページのイメージを決めます。
ここではホームページ全体のイメージと情報のイメージについて考えます。

配色、字体、配置、字の大きさなどさまざまな要素があります。
これらを工夫してホームページをデザインしていきます。

このとき重要になってくるのが、ホームページの全体をどのようなイメージにするかと、情報の優先順位を守ることです。

例えば、ホームページ全体のイメージは白黒で色を持たさない、優先順位が高い情報にのみ色を持たせるなどです。
デザインの方法は考え始めると終わりがありません。
自分の考えているイメージや、ホームページに載せる情報のイメージに合うものを目標に作ってみてください

イメージを決める

まとめ

今回はホームページを作る時に重要な情報に対してのデザインについて紹介しました。
イメージを実際のホームページに表現するのは初めは難しいかもしれません、しかし上手くいくと面白いですし、効果も高くなるのでぜひ、行ってください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。