企業のビジネス戦略のひとつであるSEO、HPデザインが与える効果とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.5

企業のビジネス戦略のひとつであるSEO、HPデザインが与える効果とは?

近年、アクセスを獲得することでビジネスの成長に繋げられることで注目されているSEO対策。

それと同時に、HPデザインもさまざまな技術がつぎ込まれて、とてもクオリティの高いものが多く見られるようになりました。
しかし、SEO対策のためにHPデザインに注力することは果たしてどのような効果があるのでしょうか。

今回は、HPデザインがSEO対策になり得る効果についてご紹介します。

SEOとは

SEOSearch Engine Optimizationの頭文字をとったもので、検索エンジンの最適化を意味する言葉です。

検索エンジンで検索した際に、上位に表示されるように工夫を凝らして、アクセスしてもらう機会を増やすことが目的です。

広告のように短期間で莫大な費用が発生せず、コスト削減できることもメリットのひとつです。

seo-pic

 

SEO対策とHPデザインの関係

SEOは、以下の4つに影響を与えられている可能性があります。

・直帰率:1ページ目のみを見てサイトから離脱してしまう行動

・滞在時間:ユーザーがサイトを閲覧している時間

・ページ表示速度:ページが表示されるまでの時間

・レスポンシブデザイン:PCにもスマートフォンにも対応して表示される仕組み

HPデザインによって、これらに対策を施すことで検索エンジンでより上位に表示されやすくなる可能性があります。

直帰率は、1ページ目のファーストインプレッションでいかにユーザーの心を掴めるかにかかっています。

キャッチコピーや画像・写真を用いることで、よりHP内の情報を深堀してみたいと思わせられるかが勝負です。

また、探したい情報が素早く見つけられるように、HPのレイアウトがきちんと整理されているかも大切なポイントです。

滞在時間も、同様にもっと見てみたいと思わせられるような効果的な仕掛けを施すことが大切です。

パソコン

そして、ユーザーの心を掴めたにもかかわらず、情報の提供スピードが遅いと機会を逃しかねないため、ページ表示速度も重要なベクトルです。

レスポンシブデザインに関しては、近年はモバイル機器での検索が増加していることに影響しています。

レスポンシブデザインにせず、PCのみスマホのみに向けたHPを別々に運用していては、検索エンジン内での評価を分散してしまいます。

そのため、レスポンシブデザインがSEOへの直接的な効果ではありませんが、どの端末から閲覧してもきちんと表示されていて、尚且つ、その表示元が一緒であれば高い評価を一挙に獲得することができます。

新しいビジネス戦略のひとつでもあるSEO対策に、HPデザインは大きく寄与できます。

しかし、見た目だけで中身は空っぽでは元も子もないため綿密に設計されたコンテンツも必須です。

SEO対策のために、いま一度HPデザインを見直してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。