見やすいHPデザインにするためにできる工夫4選!今すぐ取り入れてみませんか? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.11

見やすいHPデザインにするためにできる工夫4選!今すぐ取り入れてみませんか?

日々情報が溢れ、その中から自分で必要な情報を探し出さなくてはならない現代。
そんな今、ユーザーにより閲覧してもらえるようなHPデザインにするにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

今回は、見やすいとされるHPデザインにみられる工夫について4つご紹介します。

過度な情報量になっていないか

人間は、一日のうちに何万回と「選択」をしながら生活をしています。

そのため、選択肢が多すぎると正しい判断がしづらくなってしまい、例えば、店員さんにおすすめを選んでもらい購買するという行動を取るようになります。

つまりHPでは、なるべく一つのページではおすすめしたいものを絞って、ユーザーがHPを離脱してしまう可能性を減らし購買に繋げましょう。

ユーザビリティを意識しているか

ユーザビリティとは、ターゲットとするユーザーが使いやすいかどうかという意味合いで使われます。

たとえば、奇抜すぎる配置はユーザーが見慣れない構成にしてしまうと、必要な情報を得るまでにページを離脱してしまう可能性が上がってしまいます。
そのため、自己満足ではなく、ユーザーにとって見やすくて使いやすいデザインかどうかを考えるようにしましょう。

また、視線の流れを意識するとよいデザインとなります。

対象の「左上」を起点として、Zの法則もしくはFの法則にのっとって、自然とユーザーの目が行きやすい情報の配置になるよう意識しましょう。

フォントに変化をつけて、読みやすい文字の構成になっているか

HPデザインは、コンテンツを効果的に伝えるという役割があります。

見出しやキャッチコピーを前面にアピールしていくのはもちろんですが、細かな工夫で他のHPとぐっと差をつけることができます。

例えば、括弧の使い方です。
文字を強調したいがためのフォントであるのに、括弧を同じ太さにしてしまうと、目立たなくなってしまうことがあります。

文字組みを意識している媒体を観察してみると、そういった細かな工夫に気づくことができると思います。

デバイスに応じた情報量になっているか

近年、主流となったレスポンシブデザインというPCにもスマートフォンにも対応した表示ができる手法があります。

しかし、デスクトップとスマートフォンでは、画面の大きさが大きく異なるため、適切な情報量を表示するように心がけることが大切です。

いかがでしたか、自分の行動を振り返ってよく閲覧するサイトでは頻繁に使われている工夫だと感じませんでしたか?
ちょっとした工夫で、ユーザーがより情報に触れてもらえる機会を提供することができるようになります。

HPをユーザー目線で俯瞰してみて、そのデザインについていま一度考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。